検索
レビューを探す
レビューを探す

【MA実用辞典】新しいMAツールの導入で必ず確認すべき5つのポイント

マーケティングオートメーション(以下MA)を導入したものの、自社のニーズと合っていなかった、必要な機能が携わっていなかったということはありませんか?

MAはここ数年で普及され始めたツールということもあり、あまり詳しく理解できないまま導入した結果、使いこなすことができず、ツールの乗り換えに至るというケースは少なくありません。

本記事では、新たにMAツールを導入するにあたり、必ず確認しておきたい5つのポイントについて解説します。

①MAツールに含まれる機能を把握する

MAには、マーケターの業務を手助けする便利な機能が備わっていますが、含まれる機能や特徴は各社製品によって異なります。

ECサイト運営における集客を目的としたB to C向けMAツールもあれば、高度なナーチャリングやCRMツールとの連携を強化したB to B向けMAツールなど、ニーズによって必要性が異なります。そのため、導入前には自社の運用方法や課題に応じて慎重に選定することが重要です。

もし初めて導入したMAの機能が自社ニーズと合っていなかった場合は、強化するべき、あるいは不要な機能を明確化し、他の製品と比較したうえでツールの変更を検討しましょう。

②乗り換えにかかる工数の見積もり

MAツールを導入する際は、マーケティング戦略やシナリオに伴う各機能の設定が必要になるため、運用開始までに時間がかかる可能性があります。特に他のMAツールを乗り換える場合には、データ移行などに時間がかかることがあるため、時間の余裕を持った導入が必要です。

ツールによって機能やデータ移行の概念が大きく異なる場合もあるため、事前にデータ移行にかかる工数を見積っておくことで、導入後の作業がスムーズに進むでしょう。

また、MAを活用するマーケティング部門の業務フローの変更が必要となるため、誰が何を担当するのかを事前に決めておかなければなりません。MA導入によって従来の業務が大幅に効率化できるため、人手でしか対応できないシナリオ設計などの業務にマーケターを増員するのも1つの方法といえます。

③スコアリングが初期化される可能性がある

MAツールを乗り換える際、利用していたスコアリングの記録が初期化されることがあります。これは各社のロジックの違い上起こりうる現象であるため、それまで蓄積したスコアリング情報は新たなMAツールに移行できないことが一般的です。乗り換えの際はスコアリング情報が初期化されるということを事前に認識しておきましょう。

④移行期間は両方を維持させてMAツールの運用を止めない

乗り換え時のデータ移行期間については、初期に導入したものの契約は止めず、運用し続けることをおすすめします。乗り換え先のMA運用が不安定なまま従来のツールを止めてしまうと、マーケティング運用に影響を及ぼすことがあります。

一概にはいえませんが、新旧両方の契約を維持したまま移行し、新しいMAツールが本運用し始めてから2カ月ほどの猶予を持って旧ツールを解約するのが安心でしょう。万が一のトラブルを想定し、可能な範囲内で余裕を持って移行手続きをしましょう。

⑤旧ツールの契約期間の確認

初期に導入したMAツールの契約期間を確認しておくことが大切です。

最低契約期間よりも短く契約を終わらせてしまう場合は違約金が発生するため、余分なコストがかかってしまいます。また、最低契約期間内は解約できない場合もあるため、乗り換え前には必ず旧ツールの契約期間について確認しておきましょう。

最適なMAツール選びと円滑な乗り換えのために

MAの導入は決して安い投資ではないからこそ、乗り換えには慎重にMAツールを選定することと、事前準備を怠らないことが大切です。

より最適なMAツールを選定してスムーズに移行するには、まずは現在のMAツールの課題点を見出し、その課題を解消できる機能を見極めることが重要です。そして、移行にかかる工数やコスト、データ移行についても見積もりをしておきましょう。

ノウハウに自信がない場合には、ベンダーのサポート体制やユーザー向け学習ツールが充実しているかもチェックしておくことをおすすめします。


ユーザーによる顧客満足度をベースに、自社に最適なMAを選ぼう!

お知らせやキャンペーンなどの
お得な情報が手に入ります

会員登録

「MA(マーケティングオートメーション)」の記事一覧

「MA(マーケティングオートメーション)」の記事一覧 >

よく読まれている記事

おすすめ記事

RPA

ajax-loder