検索
レビューを探す
レビューを探す

もう失敗しない!マーケティングオートメーション(MA)ツール導入で確認すべき5つのポイント

マーケティングオートメーション(MA)を導入したものの、自社のニーズと合っていなかった、必要な機能が携わっていなかったということはありませんか?

MAツールはここ数年で急速に普及したツールです。そのため、あまり詳しく理解できないまま導入し、結果的に使いこなすことができず、ツールの乗り換えに至るというケースは少なくありません。

本記事では、新しいMAツールに乗り換えるにあたり、必ず確認しておきたい5つのチェックポイントについて解説します。

MAツール選びに失敗してしまう原因とは?

新しいツールに乗り換える前に、まずはなぜ前のツールでは失敗してしまったかを明確にしておく必要があります。

MAツール選びに失敗してしまう多くの原因は、事前にMAツール導入の目的が定まっていなかったことにあります。MAツールは本来、自社のマーケティング課題もしくは全社での課題を解決するために導入するものです。しかし自社課題の洗い出しの作業が疎かなまま早急にツールの導入を決定してしまうと、MAツールの設定に失敗してしまった、ということが起きます。

例えば、営業のリソースが少なく十分な営業活動ができていないといった課題を抱えている場合は、受注確度を可視化するスコアリング機能が充実しているツールを選ぶと、少ないリソースでも優先順位を決定して効果的に営業活動を展開できます。

このように、まずは自社課題を明確にして、その課題解決に合ったMAツールを選定することが重要です。

新しいMAツールに乗り換える際のチェックポイント

1. MAツールに含まれる機能を把握する

MAツールには、マーケターの業務を手助けする便利な機能が備わっていますが、含まれる機能や特徴は各社製品によって異なります。

ECサイト運営における集客を目的としたBtoC向けMAツールもあれば、高度なナーチャリングやCRMツールとの連携を強化したBtoB向けMAツールなど、ニーズによって必要性が異なります。そのため、導入前には自社の運用方法や課題に応じて慎重に選定することが重要です。

もし初めて導入したMAの機能が自社ニーズと合っていなかった場合は、強化するべき、あるいは不要な機能を明確化し、他の製品と比較したうえでツールの変更を検討しましょう。

MAツールの主な機能

機能 概要
リード管理 営業や展示会などオンライン・オフライン問わずに獲得した見込み客の情報を一元で管理する機能。この情報に基づいて、マーケティング施策を実行する。
スコアリング 獲得したリードに基づき、受注確度を可視化する機能。見込み客に優先順位をつけることによって、的確なアプローチを行うことが可能になる。
メルマガ配信 テキストメール、HTMLメールの作成・配信を行う機能。リード情報に基づき、見込み客の興味関心によって、配信内容を適切なものにチューニングすることができる。
ランディングページ作成 ランディングページやお問い合わせフォームを簡単に作成することができる機能。リードの獲得にも繋がる。
SNS連携 TwitterやFacebookといったSNSでのマーケティング活動を支援する機能。

2. 乗り換えにかかる工数の見積もり

MAツールを導入する際は、マーケティング戦略やシナリオに伴う各機能の設定が必要になるため、運用開始までに時間がかかる可能性があります。特に他のMAツールを乗り換える場合には、データ移行などに時間がかかることがあるため、時間の余裕を持った導入が必要です。

ツールによって機能やデータ移行の概念が大きく異なる場合もあるため、事前にデータ移行にかかる工数を見積っておくことで、導入後の作業がスムーズに進むでしょう。

また、MAを活用するマーケティング部門の業務フローの変更が必要となるため、誰が何を担当するのかを事前に決めておかなければなりません。MA導入によって従来の業務が大幅に効率化できるため、人手でしか対応できないシナリオ設計などの業務にマーケターを増員するのも1つの方法といえます。

3. スコアリングが初期化される可能性がある

MAツールを乗り換える際、利用していたスコアリングの記録が初期化されることがあります。これは各社のロジックの違い上起こりうる現象であるため、それまで蓄積したスコアリング情報は新たなMAツールに移行できないことが一般的です。

乗り換えの際はスコアリング情報が初期化されるということを事前に認識しておきましょう。

4. 移行期間は両方を維持させてMAツールの運用を止めない

乗り換え時のデータ移行期間については、初期に導入したものの契約は止めず、運用し続けることをおすすめします。乗り換え先のMA運用が不安定なまま従来のツールを止めてしまうと、マーケティング運用に影響を及ぼすことがあります。

一概にはいえませんが、新旧両方の契約を維持したまま移行し、新しいMAツールが本運用し始めてから2カ月ほどの猶予を持って旧ツールを解約するのが安心でしょう。万が一のトラブルを想定し、可能な範囲内で余裕を持って移行手続きをしましょう。

5. 旧ツールの契約期間の確認

初期に導入したMAツールの契約期間を確認しておくことが大切です。

最低契約期間よりも短く契約を終わらせてしまう場合は違約金が発生するため、余分なコストがかかってしまいます。また、最低契約期間内は解約できない場合もあるため、乗り換え前には必ず旧ツールの契約期間について確認しておきましょう。

最適なMAツール選びと円滑な乗り換えのために

MAの導入は決して安い投資ではないからこそ、乗り換えには慎重にMAツールを選定することと、事前準備を怠らないことが大切です。

より最適なMAツールを選定してスムーズに移行するには、まずは現在のMAツールの課題点を見出し、その課題を解消できる機能を見極めることが重要です。そして、移行にかかる工数やコスト、データ移行についても見積もりをしておきましょう。

ノウハウに自信がない場合には、ベンダーのサポート体制やユーザー向け学習ツールが充実しているかもチェックしておくことをおすすめします。


ユーザーによる顧客満足度をベースに、自社に最適なMAツールを選ぼう!

お知らせやキャンペーンなどの
お得な情報が手に入ります

会員登録

「MA(マーケティングオートメーション)」の記事一覧

「MA(マーケティングオートメーション)」の記事一覧 >

よく読まれている記事

おすすめ記事

CRM

CRM

ajax-loder