検索
レビューを探す
レビューを探す

【2020年版】使いやすいオンラインストレージ徹底比較

 情報共有の効率化などを目的に、ビジネスでの活用が期待されるオンラインストレージ。企業として導入を考えたとき、「ストレージ容量」や「セキュリティ対策」などが選定のポイントになります。しかし、せっかく導入しても、現場の人たちが積極的に活用しなければ意味がありません。

 社内にはPCの操作に慣れていない人もいるかもしれません。そうした社員も含めて、誰もが「使いやすい」ことは重要な選定項目の1つになります。では、使いやすさとは、一体どういうことでしょうか。

 今回の記事では、使いやすいオンラインストレージのポイントと、ITreviewに投稿されたレビュー記事から選出した「使いやすいオンラインストレージ8選」をご紹介します。

使いやすいオンラインストレージとは?

1.見た目・操作がシンプルで感覚的に使える

 見た目のデザインも操作方法も、シンプルであることが使いやすさにつながります。例えば、オンラインストレージにログインしなくても、PCのフォルダ操作だけでファイルをアップロード、ダウンロードできる。オンラインストレージでファイルを探す際に「どこに何が収納されているのか」が分かりやすい。マニュアルも社内勉強会も必要なく、「ドラッグ&ドロップだけ」「クリック数回だけ」で済む簡単で感覚的な操作が使いやすさのポイントといえます。

2.アクセスやファイル共有がしやすい

 いつ・どこからでもアクセスできるよう、スマホやタブレットなどのさまざまなデバイスに対応していることが理想です。また社内のメンバー間でのファイル共有はもちろん、社外の取引先やクライアントとのファイル共有のしやすさもポイントになります。

3.一元管理がしやすい

 企業で利用する場合、重要なのが「管理者機能」です。利用者によってフォルダやファイルの利用の仕方に違いがあるため、閲覧制限などの権限設定を細かくする必要があります。しかし、設定に手間がかかっては意味がありません。権限設定が一覧表示される管理者用の機能がある等、管理のしやすさも考慮したいところです。

 次の項目では、実際に導入されている企業による「使いやすいオンラインストレージ8選」をご紹介します。選定においては、ITreviewに2020年2月までに投稿されたレビューデータをもとにスコアを算出しています。実際にオンラインストレージを使用している方からのリアルなレビューなので、ぜひ参考にしてみてください。

使いやすいオンラインストレージ8選

1位 SugarSync 使いやすさスコア 4.75

https://www.sugarsync.jp/

ローカルのフォルダ構造をそのまま利用できる上に、自動バックアップが可能です。オンラインストレージ用にフォルダを組み直す手間がないため、作業がスムーズに進みます。シンプルな使い勝手なのでマニュアルを読む必要もありません。導入直後から感覚的に使えます。

Windows、Macを問わず、いつでもどこからでもフォルダにアクセス可能。もちろんiOSやAndroidといったデバイスでもデータ更新ができます。社内外へのファイル共有も簡単なので、情報共有もスムーズ。複数チームでの共同作業などに大きく貢献します。

[容量/料金]

・容量:100GB

・最大ファイルサイズ:無制限(ブラウザ経由では300MB)

・料金(1ユーザー):750円/月 〜

SugarSyncユーザーからのレビュー

10年近く契約していますが、クラウドに置くファイルとさらにローカル側におくファイルを指定する仕組み「マジックブリーフケース」という機能が大変便利です。マジックブリーフケースに入れたファイルは、クラウドと同期しつつもあらかじめ指定したクライアントPCのローカルストレージに保存することが可能です。この機能のメリットは、例えばWi-Fiなど通信環境が使えない状態でもマジックブリーフケースに入っているファイルは編集可能ですから、作業したいファイルはマジックブリーフケースに放り込んでおくことで、通信環境の有無に影響されることなく、いつでもどこでも作業を行うことができます。そしてクライアントPCのマジックブリーフケースで作業・変更が加えられたファイルは、通信可能な状況になれば即座にクラウドストレージに変更結果を反映されます。

https://www.ITreview.jp/products/sugarsync/reviews/18219

2位 DirectCloud-BOX 使いやすさスコア 4.48

https://directcloud.jp/

PCスキルに自信がない方でも、簡単に利用できるように設計されているのが特徴です。ドラッグ&ドロップといった直感的な操作ができる他、ファイルのアップロードやファイルの移動などファイル操作にかかる手間を軽減。ストレスの少ない作業性を実現しています。

さらに管理機能がきめ細かく設定できる上に、管理者ページから全ての設定情報が一覧表示できるなど、管理者の業務負担を軽減する機能も備えています。

またユーザー数無制限で使えるため、コストパフォーマンスが高いというレビューも多数投稿されています。

[容量/料金]
・容量:100GB
・最大ファイルサイズ:2GB
・料金:10,000円/月(ユーザー数無制限)〜

DirectCloud-BOXユーザーのレビュー

ユーザー数が無制限でコストパフォーマンスがよい。
DirectCloudドライブで普通のフォルダと同じように使えてわかりやすかった。
ユーザー管理やフォルダのアクセス権限など管理者画面で細かく設定できる点が非常に使いやすかった。

https://www.ITreview.jp/products/directcloud-box/reviews/24455

3位 Dropbox Business 使いやすさスコア 4.32

https://www.dropbox.com/business

世界的なシェアを誇るオンラインストレージサービス「Dropbox」。全世界で5億人が使用しているだけあって、初めての人でも使いやすいシンプルなデザインが特徴で、情報共有がスムーズ。しかも同期が高速なところも使いやすさにつながっています。

PCのデスクトップやフォルダを使うのと同じようにDropbox内のファイルやデータを扱うことが可能。また、スマートフォンアプリにて、PCのデータをスマートフォンから閲覧ができます。

[容量/料金]
・容量:5TB
・最大ファイルサイズ:50GB
・料金(1ユーザー):1,250円/月(最小3人)~

Dropbox Businessユーザーのレビュー

社内や、国内を問わず、大容量の資料を簡単に共有可能。有料版では非常に大きなデータも共有できるためとても便利。今までメールでは添付できないギガクラスのデータは、CDRで海外の現地法人には送付していたが、こちらを導入後は、全てDropbox上でやりとりできるようになり、時間・送付の料金等がシュリンクできた。

https://www.ITreview.jp/products/dropbox-business/reviews/38435

5位 MEGA  使いやすさスコア 4.00

https://mega.nz/

無料でも50GB(※注1)までの大容量が使えるMEGA。インタフェースが分かりやすく、機能もシンプルです。ファイルをアップロード・ダウンロードする場合、どちらもドラッグ&ドロップするだけです。

また、ファイル共有においても操作が簡単。例えばサイズが大きい文書ファイルを共有したい場合、共有リンクを発行し、相手方にリンクを送るだけなので便利です。社内外の共同作業もスムーズに行えます。

※注1) 15GB (アカウント取得時)+ 35GB(30日間限定 初回登録ボーナス)

[容量/料金]
・容量:1TB
・最大ファイルサイズ:無制限
・料金 (1ユーザー):1,214円(9.99ユーロ)/月 ~
※1ユーロ121.58円で計算

MEGAユーザーのレビュー

リモートワークで働く私にとって、「離れた場所にある会社にどうやって大量の画像を送るか」はずっとテーマでした。いろんなツールを試してみましたが、時間がかかったり、操作が難しかったりで、一長一短で悩んでいたとき、「MEGAはストレージ機能として便利」と知りました。
・無料プランでも15GBまでの容量が使える(一時保存では十分)
・スマホやPCなど、どんなデバイスからでも直感的に使える操作性の良さ
・スピーディーに画像をアップできる
・スマホで撮影した画像はMEGAアプリに自動でバックアップも可能

https://www.ITreview.jp/products/mega/reviews/37838

6位 Box 使いやすさスコア 3.89

https://www.box.com/ja-jp/home

法人向けに特化したサービスを展開するbox。世界中の大手企業が、多数導入しています。その理由としては、国際的なセキュリティ規格に準拠し、高いセキュリティを確保しているからです。

その一方でOffice 365やGoogle Suite、Adobe、Slackなど、1,000以上のアプリと接続が可能。高いセキュリティに守られながら、情報をシームレスに管理、参照、共有できることが使いやすさにつながっています。

[容量/料金]
・容量:無制限
・最大ファイルサイズ:5GB
・料金(1ユーザー):1,800円/月(最小3人)〜

Boxユーザーのレビュー

以前まで、お客さまとの資料共有する場合、zipファイルにパスワードを設定して、別メールでパスワードをお知らせするような作業を煩雑だと感じていました。また、過去のzipファイルのパスワードを探すなど、頻繁に資料をやり取りする場合に不自由を感じることもありました。そもそも、メール送信サイズに上限が設定されているために、容量が大きいファイルは送信すら出来ない状況でした。これらの問題(セキュリティ、操作)をクラウドサービスを利用して、簡易に利用出来るので、非常に使いやすいサービスと思います。

https://www.ITreview.jp/products/box/reviews/37904

7位 OneDrive for Business 使いやすさスコア 3.80

https://onedrive.live.com/about/ja-JP/business/

Windowsユーザーであれば、Microsoftアカウントでログインするだけで、OneDriveのフォルダに自動でアクセスが可能。また、ファイルの保存は、OneDriveのフォルダにファイルをドロップするだけ。意識せず使用できるので、ビジネスで重宝します。

さらにMicrosoft社が提供するOfiice365、Word、Excel、PowerPointなどOffice製品との連携がスムーズ。国内企業でのOfficeユーザーが多いだけに、WordなどのOffice製品による情報共有がしやすいのも、使い勝手の良さにつながっています。

[容量/料金]
・容量:無制限(サブスクリプション契約5人以上の場合)
・最大ファイルサイズ:15GB
・料金(1ユーザー):1,090円/月〜

OneDrive for Businessユーザーのレビュー

Office365に付随してきましたが、使ってみるとファイルの保存、分類が非常に使いやすくアップロードも閲覧もローカルフォルダのように使えます。
大切な書類をローカルとOneDriveを同期させ保存が可能。ファイルの振り分けもWindows PCのローカルで作業しているかのようで、とても使いやすい。

https://www.ITreview.jp/products/onedrive-for-business/reviews/36704

8位 PrimeDrive 使いやすさスコア 3.75

https://www.softbank.jp/biz/cloud/saas/primedrive/

ソフトバンクが提供する企業向けオンラインストレージです。画面レイアウトがPC利用に特化し、見やすいインタフェースになっています。また、ファイルの管理画面が使いやすい上に、管理者を複数登録することで管理作業を分散することが可能。この他、企業向けに開発されただけあって、企業として使いやすい機能を備えています。

[容量/料金]
・容量:100GB
・最大ファイルサイズ:5GB(ブラウザおよびモバイルアプリ経由では1.9GB)
・料金:180,000円/月(ユーザー数1万人まで追加費用なし)〜

PrimeDriveユーザーのレビュー

以前は暗号付きのファイルを添付メールで送信していましたが、
今はPrimeDriveを利用しています。
・リンクを送っているので、メールの容量を気にせず送付できる
・ダウンロード回数の上限設定ができる
・ダウンロード期間の設定ができる
・パスワードを掛けることができる
・開封確認ができる
・受信者は、特別なソフトをインストールする必要がない(ブラウザからDL)
が優れている点です。

https://www.ITreview.jp/products/primedrive/reviews/14243

レビューを参考に、自社にあったオンラインストレージをお選びください。

以下では、この他にもユーザーに評価の高いオンラインストレージの口コミや機能の違いなどの情報を提供しています。ぜひご覧いただき、自社にあったオンラインストレージを選択することをおすすめします。

お知らせやキャンペーンなどの
お得な情報が手に入ります

会員登録

「オンラインストレージ」の記事一覧

「オンラインストレージ」の記事一覧 >

よく読まれている記事

おすすめ記事

CAD

ajax-loder