アンチウイルスとは

 アンチウイルスとは、コンピュータに侵入したウイルスやマルウェアを検知、除去するソフトウェア。アンチウイルスには、これまでに発見されたウイルスのプログラムを解析したデータベースとの照合によるパターンマッチング法が検知手法として採用された製品と、一般的なプログラムではあり得ない異常な挙動の有無を捉えるヒューリスティック法が用いられた製品がある。またメールの送受信やWeb閲覧のためのパケットを監視し、ウイルスが含まれていると削除するアンチウイルスゲートウェイもある。

アンチウイルスの定義
・エンドポイント(デバイス)に侵入したマルウェアの識別、検知ができる
・ウイルス対策やスパイウェア対策機能を持つ
・各デバイスの状態(脆弱性やウイルスの有無)を表示できる
・新しいウイルスのシグネチャが検出されたときにアップデートを配布できる

アンチウイルスの機能一覧


基本機能

機能 解説
マルウェアスキャン 各種デバイスやブラウザ、ネットワークをスキャンし、ウイルスの場所を特定し、ユーザーまたはIT管理者に警告する
継続的なスキャン エンドポイントを常にスキャンし続け、脅威の発生源を特定することにより、システムの安全性を維持する
ファイアウォール ネットワークトラフィックを監視/フィルタリングすることにより、セキュリティを強化する
Webの保護 有害なWebサイトなどへのアクセスを無効にしたり、マルウェアのダウンロードを実行させないようにブロックする
メール保護 迷惑メールやフィッシング攻撃、添付ファイル内のウイルスなどを検出/識別し、スパムフォルダや隔離された領域に移動させる
自動アップデート プログラムやウイルス定義ファイルなどを自動的に更新し、システムを常に安全な状態に保つ
クロスプラットフォーム対応 企業が包括的なセキュリティ対策を行えるよう、さまざまな種類の端末やサーバ、アプライアンスといった幅広いコンポーネントへアンチウイルス機能を提供する


アンチウイルスの基礎知識

 アンチウイルスとは、コンピュータに侵入したウイルスやマルウェアを検知、除去するソフトウェア。アンチウイルスには、これまでに発見されたウイルスのプログラムを解析したデータベースとの照合によるパターンマッチング法が検知手法として採用された製品と、一般的なプログラムではあり得ない異常な挙動の有無を捉えるヒューリスティック法が用いられた製品がある。またメールの送受信やWeb閲覧のためのパケットを監視し、ウイルスが含まれていると削除するアンチウイルスゲートウェイもある。

アンチウイルスの定義
・エンドポイント(デバイス)に侵入したマルウェアの識別、検知ができる
・ウイルス対策やスパイウェア対策機能を持つ
・各デバイスの状態(脆弱性やウイルスの有無)を表示できる
・新しいウイルスのシグネチャが検出されたときにアップデートを配布できる

アンチウイルスの機能一覧


基本機能

機能 解説
マルウェアスキャン 各種デバイスやブラウザ、ネットワークをスキャンし、ウイルスの場所を特定し、ユーザーまたはIT管理者に警告する
継続的なスキャン エンドポイントを常にスキャンし続け、脅威の発生源を特定することにより、システムの安全性を維持する
ファイアウォール ネットワークトラフィックを監視/フィルタリングすることにより、セキュリティを強化する
Webの保護 有害なWebサイトなどへのアクセスを無効にしたり、マルウェアのダウンロードを実行させないようにブロックする
メール保護 迷惑メールやフィッシング攻撃、添付ファイル内のウイルスなどを検出/識別し、スパムフォルダや隔離された領域に移動させる
自動アップデート プログラムやウイルス定義ファイルなどを自動的に更新し、システムを常に安全な状態に保つ
クロスプラットフォーム対応 企業が包括的なセキュリティ対策を行えるよう、さまざまな種類の端末やサーバ、アプライアンスといった幅広いコンポーネントへアンチウイルス機能を提供する