メールマーケティングのITreview Grid

 メールマーケティングとは、顧客にキャンペーンのお知らせや自社商品の紹介などをメールで送信するマーケティング手法およびそれを実現するツールを指す。顧客の嗜好や属性ごとにメールの内容を最適化して送信するなどといったことが実現可能だ。

 画像を盛り込んだデザイン性が高くリッチなHTMLメールも、テンプレートやWYSIWYGエディタ利用することでコードを書かずに作成できる。また、マーケティング担当者が管理するメールリストを基に、ターゲットとなる顧客を抽出してメールを送信するとともに、顧客がそのメールを開封したか、中のURLを踏んだかなどの反応を集計、管理できる。

 その他、テストメールのプレビュー、メールリストの追跡、セグメント化、キャンペーンレポートと分析機能の提供などの機能を備えている。CRMやMA(マーケティングオートメーション)ツールの中には、メールマーケティング機能を包含するものもある。

メールマーケティングの定義
・WYSIWYGエディタなどを用い、文字や画像を自在に組み合わせたHTMLメールが作成できる
・連絡先リストから属性(年齢、性別、職業)や行動(メール開封、購入)、嗜好などの情報をもとにターゲットをセグメント化した送信リストを作成・保存できる
・配信したメールやキャンペーンの結果を確認できる


メールマーケティングの導入効果


効率的な情報発信、告知が可能に

 従来、例えば特別セールを開催するといった場合、顧客への告知には紙のチラシを作成して店頭や新聞折り込み広告で配布したり、ダイレクトメールで郵送したりする必要があり、印刷や配布にコストがかかっていた。メールマーケティングを利用すれば、人件費を含む制作経費を最小限に抑えながら効果的な集客メールを配信できる。

最適なOne to Oneマーケティングが可能に

 メールマーケティングは、顧客の属性や嗜好、行動履歴などの分析結果に基づいて顧客一人一人に最適化されたコンテンツを配信できる。従来のメールマガジンのように全ての顧客に同じ内容のメールを配信するのとは異なり、顧客が興味を持つコンテンツ、または見込み確度の高い客の心に響くコンテンツを効果的に配信できるため、コンバージョン率の向上が期待できる。

詳細なデータに基づく顧客管理が可能に

 メールマーケティングを利用すれば、配信したメールの開封率やクリック数、コンバージョン率といった結果のレポートを容易に入手できる。これらの詳細なデータは顧客の意見や感想、問い合わせ内容とともに顧客単位で管理できるため、効果を測定して過去の配信結果と比較し、次のメール配信の内容に役立てることができる。


メールマーケティングの機能一覧


メールの作成とターゲティング、送信

機能 解説
メールの作成(WYSIWYGエディタ) 画像や文字などを自在に組み合わせ、メールをデザインすると同時に同じ内容のHTMLメールが作成できる
デザインテンプレートの提供 HTMLメールの基となるさまざまな画像やレイアウトのパターンを用意したデザインテンプレートが豊富に利用できる
ランディングページの作成 メールのリンクをクリックした際の入口となるランディングページを作成する
ターゲティング、メールリストの作成・管理 属性(年齢、性別、職業、職種)や行動(メール開封、クリック、購入)、嗜好などの情報をもとにターゲット層をセグメンテーションし、メール送信リストを作成、配信ステータスを管理する
ジオターゲティング 顧客の国や地域、都道府県など地理的な条件に基づいてターゲティングを行う
多言語対応 複数の国・地域の言語をサポートする
予約送信・固定日送信 キャンペーン開始前日など特定の日時を予約、または顧客の誕生日など固定日を設定してメールを送信する
ステップメール送信 スケジュールに沿って、あらかじめ準備しておいた複数のメール(ステップメール)を順次送信する


ABテスト、分析レポートの実施

機能 解説
ABテストの実行 メールタイトル、コンテンツ、送信日などを変更してABテストを実行する
分割URLテスト バリエーションが異なる別のURLにリダイレクトするテストを実行する
セグメントごとの分析 地域、人口統計(年齢・性別、職業・職種)、行動(メール開封、クリック、購入)などによって顧客をセグメント分けして分析する
分析結果のダッシュボード化 メールの開封率やクリック率、コンバージョン率などキャンペーンごとの効果測定結果をダッシュボードに表示する


管理機能

機能 解説
ユーザー管理 メールマーケティングの利用者(マーケティング部門の担当者)を役割やグループに分け、データや機能へのアクセス権を設定・管理する
オプトイン/オプトアウトの管理 顧客が設定したオプトイン/オプトアウトの内容をメールマーケティングツールに反映し、それに沿って自動的にメールを配信しないなどの設定を施せる




メールマーケティングの選定ポイント


導入形態

 メールマーケティングは、クラウドサービス(SaaS)として提供されているサービスが一般的。ほとんどのサービスは、無料トライアル(試用)期間や体験デモサイトが用意されているので、使い勝手や効果を確認してから本番導入に移行できる。

価格形態・契約形態

 メールマーケティングを利用するには、サービスを導入する際の初期費用、サービスの利用中に発生する月額費用を支払うことになる。月額費用は、月間配信数、登録顧客数によって異なる料金が設定されている場合が多い。

オプション

 メールマーケティングの中には、分析・レポート機能をオプションとして提供している場合がある。また、メールコンテンツの誤字脱字チェックや推敲を行う添削サービスをオプション提供するサービスもある。


メールマーケティングのシステム要件・他システムとの連携方法


一般的な導入方法・導入環境

 メールマーケティングはマーケティング部門が導入・利用するものであり、導入する際には実際に利用する担当者が使い勝手、必要とする機能を比べながら比較検討を行うことが望ましい。

導入時に必要なもの

 メールマーケティングの導入時には、従来のマーケティング活動により入手した顧客/見込み客リストが必要になる。Excelなどのワークシートで管理していた場合はメールマーケティングのツールに取り込み利用する。MA(マーケティングオートメーション)ツールにはメール配信機能を備えた製品も多いが、機能(例えばテスト、分析など)が限られているといった理由からメールマーケティングツールを併用することもある。その場合、MAツールとメールマーケティングツールを連携させるには、双方のツールを接続する仕組みを別途用意する必要がある。

導入後の運用方法・サポートの有無

 メールマーケティングの運用では、実際に利用するマーケティング部門の担当者がPDCAサイクルをしっかり回すことが重要となる。開封率やコンバージョン率はメールの件名や本文によって大きく差が出るため、どんな文面が効果的なのかを分析しながら配信結果を高めていく必要がある。件名や本文をある程度テンプレート化することもできるが、最終的な文面の作成は、担当者のスキルに頼ることになることを肝に銘じておきたい。

他製品との連携効果

 メールマーケティングツールは、MA(マーケティングオートメーション)ツールで管理するリード(見込み客)の情報やCRMツールで管理する既存顧客の情報を取り込み、連携させて利用することで、メールによる販促活動を効率的に実行することが可能になる。例えば、CRMツールと連携させることで、メールマーケティングツールではサポートしていない属性情報(例えば、使用中の製品の更新予定日、投資可能な予算額など)からピックアップし、ターゲティングを行える。また、ターゲティングした顧客情報をそのままCRMツールに反映させることで、送信したメールを開封/クリックしたときに反応があった顧客の情報を営業担当者と共有することが可能になる。

メールマーケティングのメニュー

メールマーケティングの基礎知識

 メールマーケティングとは、顧客にキャンペーンのお知らせや自社商品の紹介などをメールで送信するマーケティング手法およびそれを実現するツールを指す。顧客の嗜好や属性ごとにメールの内容を最適化して送信するなどといったことが実現可能だ。

 画像を盛り込んだデザイン性が高くリッチなHTMLメールも、テンプレートやWYSIWYGエディタ利用することでコードを書かずに作成できる。また、マーケティング担当者が管理するメールリストを基に、ターゲットとなる顧客を抽出してメールを送信するとともに、顧客がそのメールを開封したか、中のURLを踏んだかなどの反応を集計、管理できる。

 その他、テストメールのプレビュー、メールリストの追跡、セグメント化、キャンペーンレポートと分析機能の提供などの機能を備えている。CRMやMA(マーケティングオートメーション)ツールの中には、メールマーケティング機能を包含するものもある。

メールマーケティングの定義
・WYSIWYGエディタなどを用い、文字や画像を自在に組み合わせたHTMLメールが作成できる
・連絡先リストから属性(年齢、性別、職業)や行動(メール開封、購入)、嗜好などの情報をもとにターゲットをセグメント化した送信リストを作成・保存できる
・配信したメールやキャンペーンの結果を確認できる


メールマーケティングの導入効果


効率的な情報発信、告知が可能に

 従来、例えば特別セールを開催するといった場合、顧客への告知には紙のチラシを作成して店頭や新聞折り込み広告で配布したり、ダイレクトメールで郵送したりする必要があり、印刷や配布にコストがかかっていた。メールマーケティングを利用すれば、人件費を含む制作経費を最小限に抑えながら効果的な集客メールを配信できる。

最適なOne to Oneマーケティングが可能に

 メールマーケティングは、顧客の属性や嗜好、行動履歴などの分析結果に基づいて顧客一人一人に最適化されたコンテンツを配信できる。従来のメールマガジンのように全ての顧客に同じ内容のメールを配信するのとは異なり、顧客が興味を持つコンテンツ、または見込み確度の高い客の心に響くコンテンツを効果的に配信できるため、コンバージョン率の向上が期待できる。

詳細なデータに基づく顧客管理が可能に

 メールマーケティングを利用すれば、配信したメールの開封率やクリック数、コンバージョン率といった結果のレポートを容易に入手できる。これらの詳細なデータは顧客の意見や感想、問い合わせ内容とともに顧客単位で管理できるため、効果を測定して過去の配信結果と比較し、次のメール配信の内容に役立てることができる。


メールマーケティングの機能一覧


メールの作成とターゲティング、送信

機能 解説
メールの作成(WYSIWYGエディタ) 画像や文字などを自在に組み合わせ、メールをデザインすると同時に同じ内容のHTMLメールが作成できる
デザインテンプレートの提供 HTMLメールの基となるさまざまな画像やレイアウトのパターンを用意したデザインテンプレートが豊富に利用できる
ランディングページの作成 メールのリンクをクリックした際の入口となるランディングページを作成する
ターゲティング、メールリストの作成・管理 属性(年齢、性別、職業、職種)や行動(メール開封、クリック、購入)、嗜好などの情報をもとにターゲット層をセグメンテーションし、メール送信リストを作成、配信ステータスを管理する
ジオターゲティング 顧客の国や地域、都道府県など地理的な条件に基づいてターゲティングを行う
多言語対応 複数の国・地域の言語をサポートする
予約送信・固定日送信 キャンペーン開始前日など特定の日時を予約、または顧客の誕生日など固定日を設定してメールを送信する
ステップメール送信 スケジュールに沿って、あらかじめ準備しておいた複数のメール(ステップメール)を順次送信する


ABテスト、分析レポートの実施

機能 解説
ABテストの実行 メールタイトル、コンテンツ、送信日などを変更してABテストを実行する
分割URLテスト バリエーションが異なる別のURLにリダイレクトするテストを実行する
セグメントごとの分析 地域、人口統計(年齢・性別、職業・職種)、行動(メール開封、クリック、購入)などによって顧客をセグメント分けして分析する
分析結果のダッシュボード化 メールの開封率やクリック率、コンバージョン率などキャンペーンごとの効果測定結果をダッシュボードに表示する


管理機能

機能 解説
ユーザー管理 メールマーケティングの利用者(マーケティング部門の担当者)を役割やグループに分け、データや機能へのアクセス権を設定・管理する
オプトイン/オプトアウトの管理 顧客が設定したオプトイン/オプトアウトの内容をメールマーケティングツールに反映し、それに沿って自動的にメールを配信しないなどの設定を施せる




メールマーケティングの選定ポイント


導入形態

 メールマーケティングは、クラウドサービス(SaaS)として提供されているサービスが一般的。ほとんどのサービスは、無料トライアル(試用)期間や体験デモサイトが用意されているので、使い勝手や効果を確認してから本番導入に移行できる。

価格形態・契約形態

 メールマーケティングを利用するには、サービスを導入する際の初期費用、サービスの利用中に発生する月額費用を支払うことになる。月額費用は、月間配信数、登録顧客数によって異なる料金が設定されている場合が多い。

オプション

 メールマーケティングの中には、分析・レポート機能をオプションとして提供している場合がある。また、メールコンテンツの誤字脱字チェックや推敲を行う添削サービスをオプション提供するサービスもある。


メールマーケティングのシステム要件・他システムとの連携方法


一般的な導入方法・導入環境

 メールマーケティングはマーケティング部門が導入・利用するものであり、導入する際には実際に利用する担当者が使い勝手、必要とする機能を比べながら比較検討を行うことが望ましい。

導入時に必要なもの

 メールマーケティングの導入時には、従来のマーケティング活動により入手した顧客/見込み客リストが必要になる。Excelなどのワークシートで管理していた場合はメールマーケティングのツールに取り込み利用する。MA(マーケティングオートメーション)ツールにはメール配信機能を備えた製品も多いが、機能(例えばテスト、分析など)が限られているといった理由からメールマーケティングツールを併用することもある。その場合、MAツールとメールマーケティングツールを連携させるには、双方のツールを接続する仕組みを別途用意する必要がある。

導入後の運用方法・サポートの有無

 メールマーケティングの運用では、実際に利用するマーケティング部門の担当者がPDCAサイクルをしっかり回すことが重要となる。開封率やコンバージョン率はメールの件名や本文によって大きく差が出るため、どんな文面が効果的なのかを分析しながら配信結果を高めていく必要がある。件名や本文をある程度テンプレート化することもできるが、最終的な文面の作成は、担当者のスキルに頼ることになることを肝に銘じておきたい。

他製品との連携効果

 メールマーケティングツールは、MA(マーケティングオートメーション)ツールで管理するリード(見込み客)の情報やCRMツールで管理する既存顧客の情報を取り込み、連携させて利用することで、メールによる販促活動を効率的に実行することが可能になる。例えば、CRMツールと連携させることで、メールマーケティングツールではサポートしていない属性情報(例えば、使用中の製品の更新予定日、投資可能な予算額など)からピックアップし、ターゲティングを行える。また、ターゲティングした顧客情報をそのままCRMツールに反映させることで、送信したメールを開封/クリックしたときに反応があった顧客の情報を営業担当者と共有することが可能になる。