IDE(統合開発環境)のITreview Grid

 IDE(Integrated Development Environment/統合開発環境)とは、ソースコードを記述するエディタ、ソースコードからプログラムを生成するコンパイラ、コードの不正を発見・修正するデバッガなどのプログラム開発ツールをひとまとめにした開発環境のことをいう。多くのIDEは、グラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を備えており、対話型の操作でアプリケーションを開発できる。昨今のIDEは、プログラミングの半自動化、グラフィカルな画面の設計、モジュール開発などの機能を備えたものも多く、アプリケーション開発の高速化に大きく貢献している。

IDE(統合開発環境)の定義

・テキストエディタやGUIを介してプログラミング機能を提供する
・コンパイル、デバッグ、バージョン管理、デプロイなど1つのIDE上で実行できる


IDE(統合開発環境)の導入効果


アプリケーション開発者の作業効率向上

 エディタ、コンパイラ、デバッガなど、プログラムの開発に必要なツールが1つのGUI画面上で扱えるため、作業に応じて別のツールを起動したり、ツールを切り替え、連携させながら作業したりすることがなくなり、開発者の作業効率を向上できる。

プログラミングを効率化

 IDEにはプログラミングを半自動化する機能が豊富に搭載されている。例えば、アプリケーションの画面を設計する際に、画面を構成するパーツやウィジェットをドラッグ&ドロップで配置して動作内容を定義するだけでプログラムに反映することが可能だ。また、関数やキーワードの自動補完、入力候補の表示によってコードの入力ミスを避けることもできる。

プログラムの管理性を向上

 プログラムのソースコードを自動的にディレクトリ構成で保存したり、バージョン管理を行ったりできるため、プログラムの管理性が高まる。開発者の属人的な操作ミスによって過去のバージョンに戻ってしまうといったトラブルやリスクを避けられる。

チーム開発を実現

 IDEには、ソースコードの連携や別の開発者によるソースコードの修正など、チーム開発を可能にする機能が用意されている。これにより巨大なアプリケーションを共同開発する基盤として活用できる。


IDE(統合開発環境)の対象ユーザー


導入検討、利用ユーザー
 ・アプリケーション開発担当者


IDE(統合開発環境)の機能一覧


プログラムを簡単に生成する機能

機能 解説
ビルドツール ソースコードを独立したプログラムに変換する。複数のファイルで構成されたコードを正しい順序でコンパイルしリンクする
コンパイラ プログラム言語で書かれたソースコードを、コンピュータが直接的に実行できる機械語または中間言語に変換する
デバッガ 対話的にプログラムを動作させたり、プログラムが使っている変数を表示させたりしながらデバッグを支援する
リンケージエディタ(リンカ) 機械語または中間言語のプログラムの断片を結合し、実行可能なプログラムを生成する
テストツール プログラムが正しく動作しているかテストを実施し、モニタリングする


プログラム開発の生産性を高める機能

機能 解説
ナビゲータ コードファイルをソリューションやプロジェクトごとにまとめ、ソースコードの整理・管理をナビゲートする
エディタ コードの内容を表示し、コードの記述・編集、ボタンやテキストボックスを備えたウィンドウなどをデザインする
メッセージ デバッグ メッセージ、エラー メッセージ、コンパイラの警告、公開状態などのメッセージを通知する
自動補完 入力中の関数、変数、メソッド名を補完し、ソースコードの曖昧性を解消する
リファクタリング 変数の名前をインテリジェントに変更したり、複数のコードを新しいメソッドに抽出したり、パラメータを並べ替えたりする
ソースコード管理 ソースコードやソースコードのバージョン、設定用ファイル、アイコンといったリソースファイルなどをひとまとめにし、一括管理する
プラグイン IDEにさまざまな機能を追加・組み込む。Webアプリケーションサーバとの連携、各種プログラム言語のサポート、クラス図からコードを生成するUML、テストルール、レポートツールなどのプラグインがある


外部ツールとの連携機能

機能 解説
テストツール連携 ソースコードからテストコードの自動生成、テストを実行するツールと連携して利用する
ビルドツール連携 ソースコードの依存関係を担保しながらビルドを実行する外部ツールと連携して利用する
バージョン管理ツール連携 CVS、Subversion、Gitなどのバージョン管理ツールと連携してソースコード管理を行う
フレームワーク対応 各種フレームワークをサポートする




IDE(統合開発環境)の選定ポイント


ツールごとの違い(製品思想、機能)

 IDEには、商用製品とオープンソースの2つが市場で展開されている。

・商用製品
 Microsoftの「Visual Studio」に代表されるプログラム開発ツールから発展してきたIDE。「MS-DOS」が使われていた1980年代からさまざまな製品が登場している。

・オープンソース
 インターネットのWebアプリケーションで利用されるJavaや各種軽量プログラミング言語(PHP、Python、Rubyなど)の開発環境として1990年代後半に登場した。「Eclipse」のように、もともとはIBMの商用IDE製品をオープンソース化したものもある。

導入形態

 IDEには、オンプレミス環境に導入するツールと、クラウドサービスとして提供されているツールがある。オンプレミス環境のツールはタンドアローン、またはクローズドなネットワークでも利用できる。

価格形態・契約形態

 オープンソースを導入する場合は無料で利用することも可能だ。オンプレミス環境に導入する製品の価格は製品によって異なるが、数万円〜数十万円程度。チーム開発機能の有無などによって異なる。Microsoftが提供する「MSDN」のように、OSやミドルウェアを含めた開発環境全体のライセンスを年間サブスクリプションで提供するサービスもある。

オプション

 IDEは、利用するプラグインを通じてオプション機能を拡張することが一般的だ。オープンソースのIDE向けの有償プラグインなども存在する。

IDE(統合開発環境)のメニュー

IDE(統合開発環境)の基礎知識

 IDE(Integrated Development Environment/統合開発環境)とは、ソースコードを記述するエディタ、ソースコードからプログラムを生成するコンパイラ、コードの不正を発見・修正するデバッガなどのプログラム開発ツールをひとまとめにした開発環境のことをいう。多くのIDEは、グラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を備えており、対話型の操作でアプリケーションを開発できる。昨今のIDEは、プログラミングの半自動化、グラフィカルな画面の設計、モジュール開発などの機能を備えたものも多く、アプリケーション開発の高速化に大きく貢献している。

IDE(統合開発環境)の定義

・テキストエディタやGUIを介してプログラミング機能を提供する
・コンパイル、デバッグ、バージョン管理、デプロイなど1つのIDE上で実行できる


IDE(統合開発環境)の導入効果


アプリケーション開発者の作業効率向上

 エディタ、コンパイラ、デバッガなど、プログラムの開発に必要なツールが1つのGUI画面上で扱えるため、作業に応じて別のツールを起動したり、ツールを切り替え、連携させながら作業したりすることがなくなり、開発者の作業効率を向上できる。

プログラミングを効率化

 IDEにはプログラミングを半自動化する機能が豊富に搭載されている。例えば、アプリケーションの画面を設計する際に、画面を構成するパーツやウィジェットをドラッグ&ドロップで配置して動作内容を定義するだけでプログラムに反映することが可能だ。また、関数やキーワードの自動補完、入力候補の表示によってコードの入力ミスを避けることもできる。

プログラムの管理性を向上

 プログラムのソースコードを自動的にディレクトリ構成で保存したり、バージョン管理を行ったりできるため、プログラムの管理性が高まる。開発者の属人的な操作ミスによって過去のバージョンに戻ってしまうといったトラブルやリスクを避けられる。

チーム開発を実現

 IDEには、ソースコードの連携や別の開発者によるソースコードの修正など、チーム開発を可能にする機能が用意されている。これにより巨大なアプリケーションを共同開発する基盤として活用できる。


IDE(統合開発環境)の対象ユーザー


導入検討、利用ユーザー
 ・アプリケーション開発担当者


IDE(統合開発環境)の機能一覧


プログラムを簡単に生成する機能

機能 解説
ビルドツール ソースコードを独立したプログラムに変換する。複数のファイルで構成されたコードを正しい順序でコンパイルしリンクする
コンパイラ プログラム言語で書かれたソースコードを、コンピュータが直接的に実行できる機械語または中間言語に変換する
デバッガ 対話的にプログラムを動作させたり、プログラムが使っている変数を表示させたりしながらデバッグを支援する
リンケージエディタ(リンカ) 機械語または中間言語のプログラムの断片を結合し、実行可能なプログラムを生成する
テストツール プログラムが正しく動作しているかテストを実施し、モニタリングする


プログラム開発の生産性を高める機能

機能 解説
ナビゲータ コードファイルをソリューションやプロジェクトごとにまとめ、ソースコードの整理・管理をナビゲートする
エディタ コードの内容を表示し、コードの記述・編集、ボタンやテキストボックスを備えたウィンドウなどをデザインする
メッセージ デバッグ メッセージ、エラー メッセージ、コンパイラの警告、公開状態などのメッセージを通知する
自動補完 入力中の関数、変数、メソッド名を補完し、ソースコードの曖昧性を解消する
リファクタリング 変数の名前をインテリジェントに変更したり、複数のコードを新しいメソッドに抽出したり、パラメータを並べ替えたりする
ソースコード管理 ソースコードやソースコードのバージョン、設定用ファイル、アイコンといったリソースファイルなどをひとまとめにし、一括管理する
プラグイン IDEにさまざまな機能を追加・組み込む。Webアプリケーションサーバとの連携、各種プログラム言語のサポート、クラス図からコードを生成するUML、テストルール、レポートツールなどのプラグインがある


外部ツールとの連携機能

機能 解説
テストツール連携 ソースコードからテストコードの自動生成、テストを実行するツールと連携して利用する
ビルドツール連携 ソースコードの依存関係を担保しながらビルドを実行する外部ツールと連携して利用する
バージョン管理ツール連携 CVS、Subversion、Gitなどのバージョン管理ツールと連携してソースコード管理を行う
フレームワーク対応 各種フレームワークをサポートする




IDE(統合開発環境)の選定ポイント


ツールごとの違い(製品思想、機能)

 IDEには、商用製品とオープンソースの2つが市場で展開されている。

・商用製品
 Microsoftの「Visual Studio」に代表されるプログラム開発ツールから発展してきたIDE。「MS-DOS」が使われていた1980年代からさまざまな製品が登場している。

・オープンソース
 インターネットのWebアプリケーションで利用されるJavaや各種軽量プログラミング言語(PHP、Python、Rubyなど)の開発環境として1990年代後半に登場した。「Eclipse」のように、もともとはIBMの商用IDE製品をオープンソース化したものもある。

導入形態

 IDEには、オンプレミス環境に導入するツールと、クラウドサービスとして提供されているツールがある。オンプレミス環境のツールはタンドアローン、またはクローズドなネットワークでも利用できる。

価格形態・契約形態

 オープンソースを導入する場合は無料で利用することも可能だ。オンプレミス環境に導入する製品の価格は製品によって異なるが、数万円〜数十万円程度。チーム開発機能の有無などによって異なる。Microsoftが提供する「MSDN」のように、OSやミドルウェアを含めた開発環境全体のライセンスを年間サブスクリプションで提供するサービスもある。

オプション

 IDEは、利用するプラグインを通じてオプション機能を拡張することが一般的だ。オープンソースのIDE向けの有償プラグインなども存在する。