サーバ仮想化のITreview Grid

 サーバ仮想化とは、複数の物理サーバを1台のサーバに仮想的に統合する、あるいは1台のサーバを仮想的に複数サーバに分散する技術のことをいう。物理サーバが大量に導入されている場合、仮想化により統合することで、サーバの運用管理負荷や保管スペースの削減などが実現できる。また、稼働率の低いサーバを統合することで、リソースの有効活用にもつながる。

 仮想化の実現には、物理サーバにハイパーバイザーと仮想マシンを載せ、その上にゲストOSとアプリケーションを搭載していく。

サーバ仮想化のメニュー

サーバ仮想化の基礎知識

 サーバ仮想化とは、複数の物理サーバを1台のサーバに仮想的に統合する、あるいは1台のサーバを仮想的に複数サーバに分散する技術のことをいう。物理サーバが大量に導入されている場合、仮想化により統合することで、サーバの運用管理負荷や保管スペースの削減などが実現できる。また、稼働率の低いサーバを統合することで、リソースの有効活用にもつながる。

 仮想化の実現には、物理サーバにハイパーバイザーと仮想マシンを載せ、その上にゲストOSとアプリケーションを搭載していく。