非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(企画・計画・調達)
  • IT管理者
  • 情報通信・インターネット
  • 1000人以上
  • 契約タイプ 有償利用

SaaS間のデータ連携が簡単に実現できました

良いポイント

弊社では各業務内容にマッチしたSaaS導入を進めておりますが、SaaSを導入する際、各SaaS同士のデータ連携をいかに実現するかが、SaaS導入におけるネックとなっておりました。
各SaaSのAPIやデータ連携機能の調査や、データ連携におけるマッピングを実現する必要があり、このデータ連携の構築にコスト(人、知識、時間、金)を要しておりました。

そこで、ActRecipeを導入し、各SaaSを繋げるActRecipeのレシピを用いてデータ連携を実現したところ、各SaaSのデータ連携をActRecipeのレシピのパラメータを設定するだけで、容易に実現できました。
また、データ連携を定期的なサイクルで自動実行したい場合なども、レシピの自動実行機能を用いて実現できるため、データ連携が非常に容易に実現できました。
 
また、ActRecipeの UI/UX が良く、マニュアルを見ないと操作が分からない等が無いのも良い点かと思います。

改善してほしいポイント

データ連携を実現する際は、ActRecipeに存在するレシピを選択して、パラメータを指定する必要がありますが、汎用性が高いとは言えないところが若干あるため、汎用性があると使いやすいと思いました。
 
例えば、データ連携の条件がパラメータで指定できるものの、連携するデータ項目を増やしたい等はパラメータでは実現できないので、別途ActRecipeのサポートに問い合わせ、依頼(有償で対応の場合もある)が必要となっておりました。

どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか?

契約審査、締結を行うSaaS の「ContractS CLM」と、稟議ワークフローSaaSの「kickflow」とを ActRecipe で連携して、ContractS CLMで作成された承認依頼(稟議)を、kickflowの稟議チケットとして自動作成し、kickflowの稟議チケットが完了した際に、ContractS CLM に承認依頼を完了させるレシピを導入しました。
 
これにより、ContractS CLM↔kickflow がActRecipeで自動連携されることで、契約審査~締結は ContractS CLM の強みを活かしつつ、稟議のワークフローの複雑性は kickflow で表現することができ、各SaaSの強みを生かしたシステム構成が実現できました。

検討者へお勧めするポイント

CS、サポートが手厚く、困った場合の相談や質問に丁寧に対応してくれます。

もっと見る