オンラインストレージ

ファイル共有機能

Webインタフェースでの利用
アプリケーションなどをインストールすることなく、Webブラウザを用いてドキュメントのアップロード/ダウンロードができる
79%
回答者数:22
多様なファイル形式への対応
オフィスドキュメント、画像、動画など、あらゆるファイル形式をサポートし、主要なファイル形式についてはブラウザ上でのプレビューや直接編集にも対応する
81%
回答者数:21
ファイルの検索・分類
キーワード、もしくは詳細条件を指定して、必要なファイルを容易に検索できる
70%
回答者数:20
バージョン管理
ファイルが更新された際に、古いファイルを削除せずに保持し、バージョン(世代)履歴を管理する。これにより、何か不具合が生じた際には、古いバージョンのファイルをダウンロード、あるいは最新バージョンへと変更することが可能
76%
回答者数:19
同期ツール
専用のアプリケーションなどをインストールすることで、PCやモバイルデバイス内のフォルダをオンラインストレージと同期して、ファイルの変更を自動的に反映させる
76%
回答者数:16

コラボレーション機能

ファイル更新通知
ファイルの更新、追加、削除、移動などが行われた際に、フォルダあるいはファイルを共有しているメンバーへ通知する
72%
回答者数:15
コメント機能
ファイルに関するコメントを書き込むことで、ファイル共有の付随的なコミュニケーションツールとして活用できる
65%
回答者数:12
ゲスト招待
組織外のユーザーを招待して、ファイルやフォルダを共有できる
81%
回答者数:17
モバイルアプリ対応
モバイルデバイス用のアプリを提供し、どんなデバイスからでもスムーズに利用できる
75%
回答者数:17

管理/セキュリティ

ユーザー管理
オンラインストレージを利用するユーザーの追加、削除、変更を行う。Excelファイルなどを用いた一括追加や一括編集などにも対応するものもある
75%
回答者数:16
アクセス制御
登録されたデバイス以外のアクセスを制御したり、グループやアカウントごとにユーザーの追加やアクセスレベルの変更などを行える
75%
回答者数:17
モバイルデバイス制限
モバイルデバイスからのアクセスの場合、ファイルのダウンロードや記載内容のコピーといった機能の一部に制限をかけられる
74%
回答者数:10
二要素認証
IDとパスワードの組み合わせに加え、登録された電話番号へ確認コードを送り、そのコード入力による二段階の認証を設けることで成りすましの登録を防ぐ
72%
回答者数:8
ログ管理
誰が、いつ、どのファイルに、どんな操作を行ったかというログを出力することで、監査証跡に役立てられる
69%
回答者数:15