どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか?

さまざまな条件で顧客をセグメント化ができるので、分析結果から顧客を細分化したペルソナで施策が打てるようになります。外部連携も容易ですので、日々変わる顧客の動きに合わせてCRでセグメントを作成し外部連携でアプリにセグメントをマッピングして、特定の顧客へアプリ通知を行うなどの施策の幅も広がりました。

放送・出版・マスコミ

社内情報システム(企画・計画・調達)

300-1000人未満