ワークフロー

申請から決裁、保管までの決裁、承認プロセスの管理

申請処理
紙の申請書のようにデザインされた入力フォームを使って申請を行う。入力しなければならない必須項目を設定することで、書類の不備を防止できる
100%
回答者数:2
決裁、承認処理
決裁者、承認者に依頼し、決裁または承認を得る。決裁、承認を行うと、次の決裁者、承認者に回覧する。決裁、承認処理は決まった順番の全員に求める場合と、誰か一人から得る場合がある
100%
回答者数:2
決裁、承認の通知
申請や決裁、承認の処理が行われた際に、関係者に対して進捗状況をメールなどで通知する
100%
回答者数:2
申請書、決裁書の保管
ワークフローで回覧した書類を業務区分ごとにカテゴリー分けして保管する。決裁、承認が下りた書類だけでなく、下りなかった書類も保管できる
100%
回答者数:2
申請書、決裁書の検索
保管した書類を条件付きで検索する
100%
回答者数:2
申請書、決裁書の共有
保管した書類を共有し、同様の書類のフォーマットとして再利用する
100%
回答者数:2
集計
保管した書類を項目ごとに集計する。出張旅費や交通費、小口精算の仮払い申請など金額を集計する場合に利用する
100%
回答者数:2

入力フォームの作成と権限設定

申請書フォーム作成
ワークフローシステムに付属するツールを利用しフォームを作成する。従来の書類に似せたフォームを作成することも可能
90%
回答者数:2
ファイルのインポート
PDFやWord形式のファイルとして存在する書類を取り込み、フォームのレイアウトを自動生成する
100%
回答者数:2
入力項目の権限設定
書類の中のフォームのうち、権限を設定した項目だけを入力できるようにする。書類の改ざん防止にも役立つ
100%
回答者数:2
閲覧、編集権限の設定
申請書ごとに、誰が閲覧できるか、誰が編集できるか、といった権限を設定
100%
回答者数:2

他のシステムとの連携

認証基盤連携
社内で利用している認証基盤(ディレクトリシステム)と連携し、ユーザー情報を取り込む
100%
回答者数:1
グループウェア連携
グループウェアのポータル画面にワークフローの情報を追加する
100%
回答者数:2
データベース連携
他のシステムのデータベースと連携し、必要な情報を取り込む
100%
回答者数:2
他のシステムへのエクスポート
書類のデータを他の社内システムで利用するために、指定した情報をCSV形式でエクスポートする
100%
回答者数:2
API連携
Web API(REST)やWebサービス(SOAP)を使用し、ネットワーク経由で外部システムを操作する。例えば、出張旅費や交通費精算の申請時に経路探索サービスと連携し、交通費の自動入力などに使う
100%
回答者数:2
マルチデバイス対応
PCだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのデバイスからもワークフローが利用できる
100%
回答者数:2