DSPとは

DSPとはDemand Side Platformの略称で、広告主や広告会社が広告在庫の買い付け、広告配信、掲載面やオーディエンスのターゲティングを一括管理することで、広告効果の最大化を支援するツールのことです。
DSPでは、どのようなユーザーが来訪しているのかをタグ設置により計測し、リアルタイム入札で広告の売買を行い、必要な時に必要な分だけ配信ができます。
また、広告主の目的に合わせた配信コントロールを一括して行うことができ、スマートフォン向けに効率的に広告を配信することが可能です。
DPSによる広告配信の進化によって、これまでのディスプレイ広告における難点や課題を解決し、伝えたい情報を最適な消費者に、適正価値で効率よく届けることができるようになります。

DPSの特徴

①ユーザー重視
従来のディスプレイ広告の特徴といえば、特定の(広告枠)に広告を掲載していましたが、DPSの場合は枠に出すことを目的としているわけではなく、年齢や性別・地域などのデモグラ情報に加え、WEB上での行動(検索履歴や閲覧サイトのカテゴリなど)特定のユーザーに向けて広告を配信することを目的としています。

②クリエイティブの自動最適化
通常のディスプレイ広告で「最適化」を行うためには、クリエイティブのABテストなどでPDSAを見つけていく必要があり、工数も時間も無限にかかってしまいます。
その最適化を一瞬でシステムが判断し、ユーザーにとって常に最適なクリエイティブを配信できます。

③広告主の条件に合わせた配信が可能
DSP広告では、特定のサイトの広告枠だけではなく、さまで真名サイトに広告を配信することができます。また、期間や行動などの入札調整ができたり、配信ボリュームの細かな調整も可能です。これらの調整を行うことにより、より期待の高い配信が叶います。

DSPの基礎知識

DSPとはDemand Side Platformの略称で、広告主や広告会社が広告在庫の買い付け、広告配信、掲載面やオーディエンスのターゲティングを一括管理することで、広告効果の最大化を支援するツールのことです。
DSPでは、どのようなユーザーが来訪しているのかをタグ設置により計測し、リアルタイム入札で広告の売買を行い、必要な時に必要な分だけ配信ができます。
また、広告主の目的に合わせた配信コントロールを一括して行うことができ、スマートフォン向けに効率的に広告を配信することが可能です。
DPSによる広告配信の進化によって、これまでのディスプレイ広告における難点や課題を解決し、伝えたい情報を最適な消費者に、適正価値で効率よく届けることができるようになります。

DPSの特徴

①ユーザー重視
従来のディスプレイ広告の特徴といえば、特定の(広告枠)に広告を掲載していましたが、DPSの場合は枠に出すことを目的としているわけではなく、年齢や性別・地域などのデモグラ情報に加え、WEB上での行動(検索履歴や閲覧サイトのカテゴリなど)特定のユーザーに向けて広告を配信することを目的としています。

②クリエイティブの自動最適化
通常のディスプレイ広告で「最適化」を行うためには、クリエイティブのABテストなどでPDSAを見つけていく必要があり、工数も時間も無限にかかってしまいます。
その最適化を一瞬でシステムが判断し、ユーザーにとって常に最適なクリエイティブを配信できます。

③広告主の条件に合わせた配信が可能
DSP広告では、特定のサイトの広告枠だけではなく、さまで真名サイトに広告を配信することができます。また、期間や行動などの入札調整ができたり、配信ボリュームの細かな調整も可能です。これらの調整を行うことにより、より期待の高い配信が叶います。