AR/VR/MRとは

AR/VR/MRとは、拡張現実(Augmented Reality=AR)、仮想現実(Virtual Reality=VR)、複合現実(Mixed Reality=MR)といったデジタルによる疑似体験を提供するツールだ。ARはスマートフォン/タブレットなどのデバイスと連携して動作し、カメラで撮影されている実写映像と、コンピュータが生成したデジタル映像を重ね合わせることで、現実世界でデジタルオブジェクトを操作しているような体験を提供する。VRはヘッドマウントディスプレイをはじめとする専用ハードウェアを装着することで、ユーザーはCGや実写映像で構築された3D空間に入り込んだような感覚を得られる。また、MRは拡張現実と仮想現実を組み合わせたもので、透過型ディスプレイを採用したヘッドマウントディスプレイなどを用いて、現実世界の中に仮想世界を投影できるものだ。こうした技術/製品はゲームなどの娯楽目的に使われることも多いが、ビジネス分野では例えば建築現場や医療現場での各種オペレーション、あるいは操縦訓練といった教育用途などでの活用が見込まれる。


AR/VR/MRの機能一覧


機能 解説
コンテンツ管理 デジタル映像の構築に持ちいる3Dモデルをはじめとするコンテンツをプラットフォームへアップロードし、保存/管理できる。
編集 プラットフォームにアップロードした3Dモデルなどの拡大縮小、色調整などの編集を行える。
ハードウェア統合 AR/VR/MRによって疑似体験を提供するために対応デバイスとの統合/連携を提供する。


AR/VR/MRの基礎知識

AR/VR/MRとは、拡張現実(Augmented Reality=AR)、仮想現実(Virtual Reality=VR)、複合現実(Mixed Reality=MR)といったデジタルによる疑似体験を提供するツールだ。ARはスマートフォン/タブレットなどのデバイスと連携して動作し、カメラで撮影されている実写映像と、コンピュータが生成したデジタル映像を重ね合わせることで、現実世界でデジタルオブジェクトを操作しているような体験を提供する。VRはヘッドマウントディスプレイをはじめとする専用ハードウェアを装着することで、ユーザーはCGや実写映像で構築された3D空間に入り込んだような感覚を得られる。また、MRは拡張現実と仮想現実を組み合わせたもので、透過型ディスプレイを採用したヘッドマウントディスプレイなどを用いて、現実世界の中に仮想世界を投影できるものだ。こうした技術/製品はゲームなどの娯楽目的に使われることも多いが、ビジネス分野では例えば建築現場や医療現場での各種オペレーション、あるいは操縦訓練といった教育用途などでの活用が見込まれる。


AR/VR/MRの機能一覧


機能 解説
コンテンツ管理 デジタル映像の構築に持ちいる3Dモデルをはじめとするコンテンツをプラットフォームへアップロードし、保存/管理できる。
編集 プラットフォームにアップロードした3Dモデルなどの拡大縮小、色調整などの編集を行える。
ハードウェア統合 AR/VR/MRによって疑似体験を提供するために対応デバイスとの統合/連携を提供する。