データ仮想化とは

社内にあるデータをビジネスに活用する際、データソースの複雑化によりデータの分析や活用がうまく進まないといった課題がよく聞かれる。そのような課題の解決策として、社内に散在する複数の多様なデータソースを、仮想データレイヤーに統合する技術、およびその技術を用いて提供されるソリューションをデータ仮想化という。データ仮想化を利用することで、主に分析を始めとしたデータの利活用を促進することが可能となる。システム担当者は、データ仮想化ソリューションにより、データ分析や現場へのデータ提供に必要な作業を大幅に削減でき、また経営層や営業・マーケティング部門は、タイムリーに提供される分析データを使って迅速に意思決定することができる。


データ仮想化の機能一覧


基本機能

機能 解説
仮想データベースビュー 様々な形式で散在する多くのデータをそのまま仮想的なデータベースとして、元データを複製することなく、統合的なデータ参照を可能とする
アクセス制御・権限管理 ユーザーごとの権限に応じてデータに対するアクセス権を制御することができる。ユーザーがどのデータにアクセスしたかを監視することも可能
分析ツール連携 仮想データベースのデータをBI(ビジネス・インテリジェンス)ツールなどと連携させて、分析に活用することができる
データカタログ 接続されたデータおよび仮想データベースの情報をカタログ化し、ユーザーが検索・フォルダ探索によって必要なデータを探すことができる


データ仮想化の基礎知識

社内にあるデータをビジネスに活用する際、データソースの複雑化によりデータの分析や活用がうまく進まないといった課題がよく聞かれる。そのような課題の解決策として、社内に散在する複数の多様なデータソースを、仮想データレイヤーに統合する技術、およびその技術を用いて提供されるソリューションをデータ仮想化という。データ仮想化を利用することで、主に分析を始めとしたデータの利活用を促進することが可能となる。システム担当者は、データ仮想化ソリューションにより、データ分析や現場へのデータ提供に必要な作業を大幅に削減でき、また経営層や営業・マーケティング部門は、タイムリーに提供される分析データを使って迅速に意思決定することができる。


データ仮想化の機能一覧


基本機能

機能 解説
仮想データベースビュー 様々な形式で散在する多くのデータをそのまま仮想的なデータベースとして、元データを複製することなく、統合的なデータ参照を可能とする
アクセス制御・権限管理 ユーザーごとの権限に応じてデータに対するアクセス権を制御することができる。ユーザーがどのデータにアクセスしたかを監視することも可能
分析ツール連携 仮想データベースのデータをBI(ビジネス・インテリジェンス)ツールなどと連携させて、分析に活用することができる
データカタログ 接続されたデータおよび仮想データベースの情報をカタログ化し、ユーザーが検索・フォルダ探索によって必要なデータを探すことができる