ドングルとは

ドングルとはコンピュータの外部接続端子に指し、セキュリティの強化や通信機能の追加など、特定の機能を追加する機器のことを指す。

特に一例として、セキュリティ用のドングルは内部に認証チップが埋め込まれており、コンピュータ接続時に照合し、不正コピーでないか、確認を行う。またドングルを接続しない状態で、ソフトウェアを立ち上げると、機能が一部制限されたり、ソフトウェアが起動しないように仕様となっている。
これを用いることで不正コピーを防止することが可能となる。以前は、プログラムが完全にコピーされれば、大量に複製される恐れがあった。

ドングルの種類は大きく分けると以下の2つである。
・インターフェースを変更するなど、機能を追加するためのドングル
PCにSDカードを差し込むカードリーダーといったUSBドングルが良い例である。USBドングルを介してインターフェースを変更するなど、特定の機能を追加することを可能にする。

・システムを保護するためのドングル
前述した通り、セキュリティを担保するためにPCに装着するためのドングルである。主にCAD、映像処理ソフト、医療系ソフトや数値シミュレーションなどで使用されることが多い。

ドングルの基礎知識

ドングルとはコンピュータの外部接続端子に指し、セキュリティの強化や通信機能の追加など、特定の機能を追加する機器のことを指す。

特に一例として、セキュリティ用のドングルは内部に認証チップが埋め込まれており、コンピュータ接続時に照合し、不正コピーでないか、確認を行う。またドングルを接続しない状態で、ソフトウェアを立ち上げると、機能が一部制限されたり、ソフトウェアが起動しないように仕様となっている。
これを用いることで不正コピーを防止することが可能となる。以前は、プログラムが完全にコピーされれば、大量に複製される恐れがあった。

ドングルの種類は大きく分けると以下の2つである。
・インターフェースを変更するなど、機能を追加するためのドングル
PCにSDカードを差し込むカードリーダーといったUSBドングルが良い例である。USBドングルを介してインターフェースを変更するなど、特定の機能を追加することを可能にする。

・システムを保護するためのドングル
前述した通り、セキュリティを担保するためにPCに装着するためのドングルである。主にCAD、映像処理ソフト、医療系ソフトや数値シミュレーションなどで使用されることが多い。