CIAMとは

CIAMとは、顧客が自身でサービスに利用するIDを管理できるよう機能を提供するセキュリティ対策ソリューションです。CIAMは、Customer Identity and Access Managementの略称で、顧客のID管理はサービスの形態や規模を問わずに重要となるセキュリティ対策です。顧客が決めたパスワードは使いまわされることが多く、情報漏洩が起こった際に様々なサービスに影響を及ぼすリスクと常に隣りあわせです。CIAMの機能には、二要素認証などのアカウントを保護するセキュリティ機能や既存のシステムとの連携、データの共有機能などを備えています。また、複数のサービスシステム上で同一のIDでログインできるようにすることでカスタマーエクスペリエンスの向上に寄与してくれます。セキュリティ対策はフルスクラッチでつくるには非常に難易度の高いシステムです。適宜ツールを導入し、運用効率を高めていきましょう。

CIAMの定義
・顧客アカウント作成や、ログイン・管理を顧客自身で行える機能を提供する
・顧客アカウントごとのプラン・権限にあわせ、使用できるサービスを制限する機能を提供する
・二要素認証など顧客アカウントを保護するセキュリティ機能を提供する
・既存のシステムとの連携・データを共有機能を備える。また、複数のサービスシステム上で同一のIDでログインできるようにすることでカスタマーエクスペリエンスの向上を実現する

CIAMの基礎知識

CIAMとは、顧客が自身でサービスに利用するIDを管理できるよう機能を提供するセキュリティ対策ソリューションです。CIAMは、Customer Identity and Access Managementの略称で、顧客のID管理はサービスの形態や規模を問わずに重要となるセキュリティ対策です。顧客が決めたパスワードは使いまわされることが多く、情報漏洩が起こった際に様々なサービスに影響を及ぼすリスクと常に隣りあわせです。CIAMの機能には、二要素認証などのアカウントを保護するセキュリティ機能や既存のシステムとの連携、データの共有機能などを備えています。また、複数のサービスシステム上で同一のIDでログインできるようにすることでカスタマーエクスペリエンスの向上に寄与してくれます。セキュリティ対策はフルスクラッチでつくるには非常に難易度の高いシステムです。適宜ツールを導入し、運用効率を高めていきましょう。

CIAMの定義
・顧客アカウント作成や、ログイン・管理を顧客自身で行える機能を提供する
・顧客アカウントごとのプラン・権限にあわせ、使用できるサービスを制限する機能を提供する
・二要素認証など顧客アカウントを保護するセキュリティ機能を提供する
・既存のシステムとの連携・データを共有機能を備える。また、複数のサービスシステム上で同一のIDでログインできるようにすることでカスタマーエクスペリエンスの向上を実現する