CSPMとは

CSPMとは、クラウドセキュリティポスチュアマネジメント(Cloud Security Posture Management)の略で、日本では「クラウドセキュリティ動態管理」や「クラウドセキュリティポスチュア管理と呼称されることが多い。主にクラウド環境のセキュリティ構成を管理する仕組みのことを指す。

企業や個人など不特定多数のユーザに対し、インターネットを通じてクラウドコンピューティング環境を提供するサービス(パブリッククラウド)における、設定のセキュリティチェックを自動化し、設定ミスの確認や、ガイドラインに対する違反有無を継続的にチェックすることが可能となる。また複数のクラウドサービスを横断的に監視することが可能であるため、安全なセキュリティ対策のもと、運用することが可能だ。

CSPMの機能一覧


基本機能

機能 解説
アクセスの識別 利用するクラウドサービスへのアクセスを識別できる
コンプライアンスポリシーの評価と監視 クラウドサービス全体のセキュリティ評価と、コンプライアンスポリシーと適合しているか監視を行う
オペレーションの監視 クラウドセキュリティが不備なく管理・運用されているか監視を行う
複数のクラウドサービスの監視 複数のクラウドサービスを横断的に監視することが可能
リスク検出と可視化 クラウドセキュリティリスクを事前に特定し可視化。さらに修正することが可能


CSPMの基礎知識

CSPMとは、クラウドセキュリティポスチュアマネジメント(Cloud Security Posture Management)の略で、日本では「クラウドセキュリティ動態管理」や「クラウドセキュリティポスチュア管理と呼称されることが多い。主にクラウド環境のセキュリティ構成を管理する仕組みのことを指す。

企業や個人など不特定多数のユーザに対し、インターネットを通じてクラウドコンピューティング環境を提供するサービス(パブリッククラウド)における、設定のセキュリティチェックを自動化し、設定ミスの確認や、ガイドラインに対する違反有無を継続的にチェックすることが可能となる。また複数のクラウドサービスを横断的に監視することが可能であるため、安全なセキュリティ対策のもと、運用することが可能だ。

CSPMの機能一覧


基本機能

機能 解説
アクセスの識別 利用するクラウドサービスへのアクセスを識別できる
コンプライアンスポリシーの評価と監視 クラウドサービス全体のセキュリティ評価と、コンプライアンスポリシーと適合しているか監視を行う
オペレーションの監視 クラウドセキュリティが不備なく管理・運用されているか監視を行う
複数のクラウドサービスの監視 複数のクラウドサービスを横断的に監視することが可能
リスク検出と可視化 クラウドセキュリティリスクを事前に特定し可視化。さらに修正することが可能