IoTセンサー とは

モノのインターネットであるIoTにおいて、モノの状態をデータとして収集するIoTセンサーは必要不可欠。IoTセンサーを用い、さまざまなモノの状態をリアルタイムに収集することが、IoT活用のスタートと言える。IoTセンサーには、物体の速度変化を検出する「加速度(モーション)センサー」、検出対象の傾きや角速度を検知する「ジャイロセンサー」、光の有無や強さ、赤外線や紫外線などを検知する「光センサー」、主にカメラに搭載され画像を生成する「イメージセンサー」、マイクと呼ばれる「音センサー」、気温や湿度、日射量、照度などを測定する「環境センサー」、物体にかかる力や気圧などを測定する「圧力センサー」、光や超音波の反射を用いて距離に換算する「距離センサー」などさまざまな種類があり、各種センサーの特徴を理解し、IoTの目的に応じたセンサーを選定することが重要である。


IoTセンサーの機能一覧


基本機能

機能 解説
モノの状態を検知 人やモノの動き・温度・明るさ・湿度・CO2濃度などさまざまな状態を検知する
センサーが取得した情報を活用 IoTセンサーを利用することにより、離れた場所でもモノの状態を知ることができ、オフィスや外出先での入退室管理、倉庫内での物流管理や温度管理、生産ラインの故障監視、高齢者の見守りサービスなどに活用されている


IoTセンサー の基礎知識

モノのインターネットであるIoTにおいて、モノの状態をデータとして収集するIoTセンサーは必要不可欠。IoTセンサーを用い、さまざまなモノの状態をリアルタイムに収集することが、IoT活用のスタートと言える。IoTセンサーには、物体の速度変化を検出する「加速度(モーション)センサー」、検出対象の傾きや角速度を検知する「ジャイロセンサー」、光の有無や強さ、赤外線や紫外線などを検知する「光センサー」、主にカメラに搭載され画像を生成する「イメージセンサー」、マイクと呼ばれる「音センサー」、気温や湿度、日射量、照度などを測定する「環境センサー」、物体にかかる力や気圧などを測定する「圧力センサー」、光や超音波の反射を用いて距離に換算する「距離センサー」などさまざまな種類があり、各種センサーの特徴を理解し、IoTの目的に応じたセンサーを選定することが重要である。


IoTセンサーの機能一覧


基本機能

機能 解説
モノの状態を検知 人やモノの動き・温度・明るさ・湿度・CO2濃度などさまざまな状態を検知する
センサーが取得した情報を活用 IoTセンサーを利用することにより、離れた場所でもモノの状態を知ることができ、オフィスや外出先での入退室管理、倉庫内での物流管理や温度管理、生産ラインの故障監視、高齢者の見守りサービスなどに活用されている