検索
レビューを探す
レビューを探す

【CAD実用辞典】快適な操作性には“PC選び”が大切。PCスペックの目的に合わせた選び方

CAD

 製品の製図・設計をコンピュータ上で支援するツールとして、幅広い業界で普及されているCADソフト。使用するCADソフトの種類や用途によってPCに求めるスペックも大きく変わってくるため、導入の際はPCのスペック確認が欠かせません。

 本記事では、CADの利用に適したPCスペックの目的に合わせた選び方を解説いたします。

 CADソフトの起動・操作に必要なスペックを把握し、効率の良いPC選びを進めましょう。

総合的に高いスペックのPCがおすすめ

 この項目では、CAD用PC選びをする際のポイントを5つご紹介します。

 なお、必要とされるPCスペックはCADソフトによって異なるので、下記でご紹介する内容はあくまで目安として、CAD用PC選びの参考にしてください。

■メモリ

 PCのメモリは、なるべく8GB以上のものを選ぶようにしましょう。

 CAD起動中はメモリの消費が大きくなります。操作開始時は操作に対する反応が速い状態でも、操作を進めるにつれて反応が遅くなりだんだんとPCが動かなくなってくることがあります。

 メモリが不足しているとディスプレイの表示が粗くなり、CADが強制終了してしまうこともあるので、メモリは8GB以上を推奨します。特に3Dモデリングデータを扱う場合は、16GBなどの大きなメモリが必要です。

■CPU

 データ処理の中核を担うCPU。メモリ同様、大きなデータを使用するのに適した高性能のものを選ぶのがベストです。

 CAD用PCにおすすめのCPUは、Intel(インテル)のCore i5あるいはCore i7です。他にも、XeonはCADデータのバックアップができるため、企業でCADソフトを利用する場合におすすめです。

■グラフィックボード

 解析度を上げて画像や映像を鮮やかに表示させるグラフィックボード。選ぶ際は、CADでの使用を前提に最適化されているシリーズの商品を選びましょう。

 また、CADソフトにはグラフィックボードが推奨されているものもあります。特に3D CADではグラフィックボードが重要なので、導入予定のソフトが決まっている場合は確認してみてください。

■OS

 リリースされているCADソフトの多くはほとんどのOSに対応していますが、現在でも主流はWindowsです。そのためCADソフトには、Windowsに対応していてもMacは非対応というケースがあります。対応していないOSのPCを購入してしまうと起動できないため、対応OSの確認は欠かせません。

 Windows10の64bitであれば、多くのCADソフトが利用可能です。

■画面解像度

 CADを操作するのに必要とされるPCモニター画面の解像度は、1920×1080のフルHDサイズが一般的とされています。より細かな点まできれいに表示させたい場合は、3840×2160の4Kモデルにすると良いでしょう。

推奨スペックは目的によって変わってくる

■2D CADを使用する場合

 2D作図のみの目的でCADソフトを使用する場合は、扱うデータ量が少ないために要求スペックはそれほど高くありません。ソフトや使い方次第では、CAD用の新しいPCを買う必要がない場合もあります。

 2D作図のみの作業であればノートPCでも起動が可能です。もちろん、デスクトップPCのほうがより快適に操作できますが、デスクトップPCの導入には高いコストがかかります。

 今後3Dモデリングデータを扱う予定がない場合は、高スペックにこだわらず、CADソフト推奨の動作環境と最低限のスペックを満たしているPC選びをしましょう。

■3D CADを使用する場合

 3D CADソフトで3Dモデリングデータを扱うときは、高いグラフィックボードのスペックが重要視されます。

 CPUにグラフィック処理機能が搭載されている「オンチップ」と呼ばれるPCでは、グラフィックの精度が落ち、動作も遅くなることがあります。3D制作に最適なグラフィックボードが搭載されているPCを選びましょう。

 また、作業効率を上げるためにはデスクトップPCがおすすめです。ノートPCでも起動はできますが、動作や操作性に限界があり、高いスペックを持つノートPCは割高です。

 総合的に高スペックなデスクトップPCを導入するのが良いでしょう。

まずはCADソフトの推奨スペックを確認

 CADソフトによって、推奨されるスペックや動作環境は異なります。

 推奨スペックの以上のPCを購入すると良いですが、導入予定のCADソフトの推奨スペックに満たないスペックのため作業効率が悪い、反対にオーバースペックとなるPCを購入してしまったりするトラブルは未然に防ぎたいもの。

 PCをはじめ推奨されるハードウェアはCADソフトのWebサイトで確認できることが多いので、予めチェックした上でPC選びを進めましょう。


ユーザーによる顧客満足度をベースに、自社に最適なCAD製品を選ぼう!

お知らせやキャンペーンなどの
お得な情報が手に入ります

会員登録

「CAD」の記事一覧

「CAD」の記事一覧 >

よく読まれている記事

CAD

CAD

CAD

CAD

CAD

CAD

CAD

CAD