BIMのITreview Grid

 BIMとは、Building Information Modelingの略で、建築、建設業において利用される設計図面を3Dモデルをベースに制作し、それと同時に設計した建物を構成する建材や資材、設備機器などの品番、大きさ、数量、価格といった情報などを含め全て管理するソフトウェアのことをいう。

 3Dモデルをベースに設計を行えるため、設計時には平面図や立面図、断面図などといった複数の図面を制作する手間がなくなる他、構成する建材や資材の情報が全てデータとして登録されるため建築費の見積もりが容易になる。また、BIMを利用すれば、意匠、設備、構造設計など全ての情報を集約できるため、業者間で図面を作り直すという必要もなくなる。そのため、設計から施工、竣工後の維持管理といった建築のライフサイクル全てをBIMで一元管理できることもメリットだ。

BIMの基礎知識

 BIMとは、Building Information Modelingの略で、建築、建設業において利用される設計図面を3Dモデルをベースに制作し、それと同時に設計した建物を構成する建材や資材、設備機器などの品番、大きさ、数量、価格といった情報などを含め全て管理するソフトウェアのことをいう。

 3Dモデルをベースに設計を行えるため、設計時には平面図や立面図、断面図などといった複数の図面を制作する手間がなくなる他、構成する建材や資材の情報が全てデータとして登録されるため建築費の見積もりが容易になる。また、BIMを利用すれば、意匠、設備、構造設計など全ての情報を集約できるため、業者間で図面を作り直すという必要もなくなる。そのため、設計から施工、竣工後の維持管理といった建築のライフサイクル全てをBIMで一元管理できることもメリットだ。