CAMとは

CAM(キャム:コンピュータ支援製造)とは、パソコン上でコンピュータ数値制御(CNC)の工作機械を操作するために、加工プログラムを作成するソフトウェアであり、CADやCAE同様、ものづくりにおいて重要なツールです。
CAMは取り扱うデータに合わせて「3DCAM」と「2DCAM」があります。
また、「専用CAM」や「汎用CAM」といった分類や、使用する機械の工具軸数による分類など、CAMの種類は細かく分けられています。設計図通りの製品を作るにはCAMの知識が必要となり、製品の精度や稼働率を上げることができます。

「2DCAM」と「3DCAM」の違い

・2DCAMとは、2次元CAMとも呼ばれており、CADで作成された平面図から2次元の加工データを作成する場合に使用されます。2.5DCAMというのも存在しており、同一傾斜の加工データを作成することも可能です。

・3DCAMとは、3次元CAMとも呼ばれており、3DCADで作成された立体図面データを基にして、加工データを作成する場合に使用されます。3DCAMでは、2DCAMの機能にあわせて、立体加工に必要な機能が備わっていることが多いので、2DCAMとしても活用できるケースが多いです。

CAMの基礎知識

CAM(キャム:コンピュータ支援製造)とは、パソコン上でコンピュータ数値制御(CNC)の工作機械を操作するために、加工プログラムを作成するソフトウェアであり、CADやCAE同様、ものづくりにおいて重要なツールです。
CAMは取り扱うデータに合わせて「3DCAM」と「2DCAM」があります。
また、「専用CAM」や「汎用CAM」といった分類や、使用する機械の工具軸数による分類など、CAMの種類は細かく分けられています。設計図通りの製品を作るにはCAMの知識が必要となり、製品の精度や稼働率を上げることができます。

「2DCAM」と「3DCAM」の違い

・2DCAMとは、2次元CAMとも呼ばれており、CADで作成された平面図から2次元の加工データを作成する場合に使用されます。2.5DCAMというのも存在しており、同一傾斜の加工データを作成することも可能です。

・3DCAMとは、3次元CAMとも呼ばれており、3DCADで作成された立体図面データを基にして、加工データを作成する場合に使用されます。3DCAMでは、2DCAMの機能にあわせて、立体加工に必要な機能が備わっていることが多いので、2DCAMとしても活用できるケースが多いです。