クラスタソフトとは

 クラスタソフトとは、複数のコンピュータを統合・連携させることで、システムのアベイラビリティやスケーラビリティを高められるツールだ。本番用サーバの障害発生時に、自動的に障害を検知して待機用サーバへ瞬時に引き継ぐことで、ユーザーがシステムを使い続けられるようにする。こうした構成はHA(High Availability)クラスタと呼ばれるが、その他に複数のサーバに負荷を分散させて高拡張性を実現する際にもクラスタ構成が利用される。

クラスタソフトの基礎知識

 クラスタソフトとは、複数のコンピュータを統合・連携させることで、システムのアベイラビリティやスケーラビリティを高められるツールだ。本番用サーバの障害発生時に、自動的に障害を検知して待機用サーバへ瞬時に引き継ぐことで、ユーザーがシステムを使い続けられるようにする。こうした構成はHA(High Availability)クラスタと呼ばれるが、その他に複数のサーバに負荷を分散させて高拡張性を実現する際にもクラスタ構成が利用される。