需要予測システムとは

需要予測システムとは、過去の受注や販売数などのデータにもとづき、商品・サービスの需要の予測を立てるシステムです。

導入により、
・生産ライン・物流の効率的運用
・在庫の不足による機会損失の防止
・過剰在庫の防止
といったメリットが有り、コストや人手の適正な管理も含めた、効率的な業務運営が可能となります。


需要予測システムの機能一覧


基本機能

機能 解説
需要予測 販売実績や市場の動向、天候などのデータを用いて、当日の需要を予測できる。AIを用いて予測を行うシステムもある。需要予測システムを利用することで、製造や仕入の量を最適化し、余剰在庫や在庫不足による機会損失を削減することができる
予測モデルの作成 個々の事業や製品、立地などの販売条件に合わせた予測モデルの作成が可能で、より精度の高い需要シナリオや分析ができるシステムもある
販売計画との連携 販売量や利益率などの製品特性や販売計画などを考慮して、需要予測の対象とすべき品目などのガイドラインを提供するシステムもある


需要予測システムの基礎知識

需要予測システムとは、過去の受注や販売数などのデータにもとづき、商品・サービスの需要の予測を立てるシステムです。

導入により、
・生産ライン・物流の効率的運用
・在庫の不足による機会損失の防止
・過剰在庫の防止
といったメリットが有り、コストや人手の適正な管理も含めた、効率的な業務運営が可能となります。


需要予測システムの機能一覧


基本機能

機能 解説
需要予測 販売実績や市場の動向、天候などのデータを用いて、当日の需要を予測できる。AIを用いて予測を行うシステムもある。需要予測システムを利用することで、製造や仕入の量を最適化し、余剰在庫や在庫不足による機会損失を削減することができる
予測モデルの作成 個々の事業や製品、立地などの販売条件に合わせた予測モデルの作成が可能で、より精度の高い需要シナリオや分析ができるシステムもある
販売計画との連携 販売量や利益率などの製品特性や販売計画などを考慮して、需要予測の対象とすべき品目などのガイドラインを提供するシステムもある