ハイパーコンバージドインフラストラクチャとは

 ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)とは、ストレージ、サーバ、及び、それらの接続ネットワークを仮想化する機能を企業に提供するものだ。ハードウェア定義に依存するコンバージドインフラストラクチャとは異なり、ハイパーコンバージドインフラストラクチャはソフトウェア定義を主体とするため、インフラストラクチャの使用に対する全体的な柔軟性の向上やコスト管理の効率化につなげられる。仮想化された各機能間でリソースをより効率的に割り当てられるため、使用ニーズに応じたシステムの拡張性がより高くなる。そのため、データベース、VDIなどの仮想コンピューティング、ストレージの管理などに寄与する。

基本機能

機能 解説
仮想化基盤の構築 コンピューティング機能、ストレージ機能、ネットワーク機能といったシステムの基盤機能を仮想化し、標準的なアーキテクチャのハードウェア(x86サーバなど)へ集約/実装する
共有ストレージ Software Defined Storage(SDS)によって、複数のサーバ上のローカルストレージを統合し、共有ストレージとして利用可能にする
統合運用 全ての仮想化機能やリソースの管理を統合し、運用管理の負荷軽減、あるいは自動化を行えるようにする


ハイパーコンバージドインフラストラクチャの基礎知識

 ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)とは、ストレージ、サーバ、及び、それらの接続ネットワークを仮想化する機能を企業に提供するものだ。ハードウェア定義に依存するコンバージドインフラストラクチャとは異なり、ハイパーコンバージドインフラストラクチャはソフトウェア定義を主体とするため、インフラストラクチャの使用に対する全体的な柔軟性の向上やコスト管理の効率化につなげられる。仮想化された各機能間でリソースをより効率的に割り当てられるため、使用ニーズに応じたシステムの拡張性がより高くなる。そのため、データベース、VDIなどの仮想コンピューティング、ストレージの管理などに寄与する。

基本機能

機能 解説
仮想化基盤の構築 コンピューティング機能、ストレージ機能、ネットワーク機能といったシステムの基盤機能を仮想化し、標準的なアーキテクチャのハードウェア(x86サーバなど)へ集約/実装する
共有ストレージ Software Defined Storage(SDS)によって、複数のサーバ上のローカルストレージを統合し、共有ストレージとして利用可能にする
統合運用 全ての仮想化機能やリソースの管理を統合し、運用管理の負荷軽減、あるいは自動化を行えるようにする