ストレージ仮想化のITreview Grid

 ストレージ仮想化とは、急増するデータ量に対応するため、企業内にある複数の異なるストレージを仮想的に1つの大きなストレージとして使用可能にする技術のこと。システムに接続されているストレージは仮想化され、1台の内蔵ディスクのように取り扱えるようになり、システム全体のパフォーマンスを向上できる。実際のストレージの物理容量を気にすることなく任意の仮想ボリューム容量をサーバに割り当てることができることを「ボリューム容量の仮想化」という。

ストレージ仮想化のメニュー

ストレージ仮想化の基礎知識

 ストレージ仮想化とは、急増するデータ量に対応するため、企業内にある複数の異なるストレージを仮想的に1つの大きなストレージとして使用可能にする技術のこと。システムに接続されているストレージは仮想化され、1台の内蔵ディスクのように取り扱えるようになり、システム全体のパフォーマンスを向上できる。実際のストレージの物理容量を気にすることなく任意の仮想ボリューム容量をサーバに割り当てることができることを「ボリューム容量の仮想化」という。