user
  • trustytrading.work
  • その他専門職
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 20人未満
外部共有ストレージからサーバ内蔵仮想ストレージへ
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

サーバ内蔵ディスクを共有ストレージとする、vSphere に完全に統合された機能です。
キャッシュ領域として自動的にSSDを利用することでパフォーマンス向上を達成しています。
コスト的にも特別の外部ストレージ機器ではなく、サーバ内蔵のものを使うことが出来、インターフェイスの速度としても一般に内部インターフェイスのほうが高速なのでパフォーマンス向上が望めるでしょう。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

バックアップやレプリケーションの取り回しが極めて弱い、もしくは存在しない。
あと導入にはそれなりのスキルが必要です。柔軟性を損なわずに操作性を向上される余地は存在する。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

ハードウェアでなく、vSphere に完全に統合されたソフトウェア的に仮想共有ストレージが管理できる。
サーバ外部の共有ディスクが不要となるので、導入コスト減、消費電力などのコストが抑制できる。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(企画・計画・調達)
  • ユーザー(利用者)
  • 不動産賃貸
  • 1000人以上
採用するHCI基盤が重要な気がします
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

従来のSANと比べて、RAIDをあまり意識しなくてよくなりました。耐障害(HA等)も優れていると思います。
I/Oに長年悩みを抱えていましたが、vSANの採用によりパフォーマンスを向上させることができました。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

まだ障害が発生していないので未知数のところもありますが、改善ポイントは今のところありません。
今後ディスクの拡張を実施するときに苦労するかもしれないので、柔軟に対応できるか要検討したいと思います。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

HCI基盤によって評価が分かれるのではないかと思っています。vSANの技術自体は従来のストレージ管理を容易にしてくれたので大変満足しています。
また、バックアップという概念自体も変えてくれそうなので今後も使っていきたいです。

その他の製品

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • ITアーキテクト
  • IT管理者
  • 情報通信・インターネット
  • 50-100人未満
導入前に今後の拡張計画を考えておきましょう
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

SDS機能がVMWare ESXiのKernelに内蔵されており、vSphere Clientで一元管理できる点。
ESXiに対応する他の製品だと、どうしても別の管理ツールを利用する必要があるので、その点は有利。
各社の構築済みvSAN製品(HCI)を購入すれば、一通り設定済みで出荷されるので楽。FCスイッチやストレージの設定不要。
価格はサーバのSSDはストレージ製品向けより安価に設定されていることが多いので、安く済む可能性はある。
パフォーマンスに関しても、オールフラッシュならちゃんと出る。HDDとのハイブリッドはあまりパフォーマンスが出ないので正直オススメしない。
ディスクの冗長化レベルをゲストOS単位で決められるのもメリット。
I/Oパフォーマンスを必要としないゲストOSはRAID6相当、パフォーマンスが必要ならRAID1相当とすることで容量とパフォーマンスのバランスが取れる。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

RAID5/6相当の機能を利用するには上位ライセンスが必要となること。
拡張時に柔軟な構成を取ることができない。
ディスク領域だけの拡張はスロットの空きがあれば可能だが、計算リソースだけを新ノードを追加して行いたいというのは難しい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

1UサーバのvSANオールフラッシュ構成にリプレイスすることで、データセンターのラックスペース削減を狙った。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

ノード数は3が最小ということだが、4ノードからスタートした方が良いと思う。
また、今後の増設計画なども含め、導入前にしっかり計画を立てて、ベンダーの営業とよく話し合ってください。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • その他一般職
  • ビジネスパートナー
  • その他小売・卸売
  • 1000人以上
  • 販売関係者
まだ伸び代のあるシステム
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

vSphere ESXiのカーネルで仮想ストレージを提供できること。
これにより、管理者に仮想ストレージ複雑な部分を見せない(感じさせない)作りになっている

改善してほしいポイントは何でしょうか?

VMware社製品の割には、VAAIに対応していないことや、他社HCIでは当たり前にあるバックアップやレプリケーション機能が無いなど、いまいち親和性に欠ける部分がある。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

共有ストレージ排除およびvSphere Clientによる管理一元化で、管理者の負担軽減に役立つことが可能

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(企画・計画・調達)
  • IT管理者
  • 電気
  • 1000人以上
サーバ仮想化との親和性
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

vsphereにおけるサーバ仮想化と、管理面での統合が図れる点は、運用の観点から非常に魅力的であると考えます。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

FC-SANと比較的し構成変更の柔軟性が向上するものの、特定ベンダーへの依存度も高まる恐れがあるため、今後は相互接続性の取り組みに期待したい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

仮想環境の運用性向上を図るため、HCI含め検討・実機検証を行い導入を進めており、段階的な拡張による投資の平準化を狙っています。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

サーバ、ストレージに、ネットワークを含めた払出し、オーケストレーションの製品もあるため、期待する運用に照らした検討を推奨します。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • システム分析・設計
  • ビジネスパートナー
  • 情報通信・インターネット
  • 1000人以上
  • 販売関係者
決してお手軽ではない
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

外部の共有ストレージが不要となる点、SSDの搭載が必須となるため数年前のエンタープライズクラスのI/Oをローカルディスクで賄える点が強み。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

お手軽・簡単などの謳い文句があるが、vSAN Redey Nodeの選定から始まり、今までにないアーキテクチャの理解、運用設計(操作方法の取得)など、決してお手軽に導入できるものではない。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

共有ディスクが不要となることから、ストレージの導入コスト減、ラック収容/消費電力などのファシリティのコスト減につながる。ただし、改善点に書いたように、新たなスキルなど、目に見えにくいコストについては留意しておく必要がある。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • ソフトバンクコマース&サービス株式会社
  • その他情報システム関連職
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 1000人以上
  • 販売関係者
柔軟性に富んだHCI
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

ITの基盤構成をシンプルにしITの運用をソフトウェアにより効率化するというHCIの理念に則ってできている製品です。
他のHCIと異なり小規模から大規模向けのお客様と幅広い選択肢を提供してくれます。機能としては決して必要十分とは言えませんが、その分価格も安価にHCIを実現できるのがvSANとなります。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

現在vSANに配置した仮想マシンをバックアップ、遠隔地にレプリケーションするといった機能がなかったり、重複排除と圧縮がオールフラッシュのみという制限があります。バックアップやレプリケーションに関しては将来的なバージョンで実装されるとアナウンスがメーカーから出ていますので、今後のアップデートを期待してです。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

仮想化基盤の構成をシンプルにすることで、ITにかかるランニングコストを削減することができました。
スケールアップやスケールアウトもvCenter上で簡単にできるため、小さくはじめて大きく伸ばすことができ、企業の成長に合わせた柔軟な構成が可能となります。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • ITアーキテクト
  • ビジネスパートナー
  • その他小売・卸売
  • 1000人以上
  • 販売関係者
サーバー仮想化のvSphereとの相性は抜群
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

・これまで仮想化環境を利用する上でほぼ必須となっていた共有の外付けストレージを不要とすることができ、サーバー筐体+NWスイッチのみでのスッキリとした構成を取ることが可能になる
・仮想マシン単位で細かなSLA(RAID1, RAID5, RAID6)などを設定することができ、従来のHWストレージレベル側でのRAID構成を気にする必要がなくなっている
・HCIという比較的新しいカテゴリを支えるためのストレージ仮想化という機能ではあるが、これまでのvSphereをベースにした知識がいかせるため追加の学習コストを最小に留めることができることも大きなポイントと言える。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

・サイジングの指標となるようなサイジングツールの提供などがあれば必要なHWスペック(SSD/HDDの1本あたりの必要容量など)を算出しやすい
・vSAN自体はvSphereのカーネルに組み込まれて提供されるため、vSANの新機能を使用したい場合にvSphere自体のアップデートが必要となる

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

・スケールアウトでのパフォーマンス/容量の増加をオンラインで行うことができるため、現行機器の老朽化による機器入れ替え作業時にも迅速なリプレイスを行うことが可能
・キャッシュ領域として自動的にSSDを利用する仕組みのため、HDDの搭載本数でパフォーマンスを稼ぐような細かいIOPS設計から離れることができる

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

すでに従来型の外付けストレージ運用によるvSphereサーバー仮想化を導入されていて、HCI製品への乗り換えを検討しているような場合には、筆頭に検討/評価する価値のある製品かと思います。その際にはvSANとしてのHWコンパチビリティの取れた構成を取る必要があるため、その点には気をつけながら各メーカーや販売店と連携して間違いのない構成を取ることをオススメします。

Hunter H.
Hunter H.
まだ完璧とはいえないVsan
どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

信頼性は従来のSANに比べると低く、現況では、一般的には従来型SANに信頼性があります、新しいテクノロジーを搭載したストレージに移行することに不安を感じます。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

1つのベンダーに縛られたくありません。

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

HCIは非常に優れたプラットフォームで、年を追うごとに堅牢性が向上している点です。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

VXRailsを避けて、独自のVSANS(Ready Nodes)の構築を比較してみてください。Ready Nodesは、処理能力に非常に優れています。

Vsan.. not just ready yet.
What business problems are you solving with the product? What benefits have you realized?

Its hard to trust it vs a traditional san. Right now the standard is to trust a traditional SAN and moving to new technology for your storage can be scary.

What do you dislike?

I hate being locked into a single vendor.

What do you like best?

HCI is a great platform and is only getting stronger ever year.

Recommendations to others considering the product

Take a look at build your own VSANS (Ready Nodes) instead of VXRails. The Ready nodes are a very awesome way to do it.

Anonymous
Anonymous
VMware vSAN ー 魅力的でお手頃な複合的ストレージ管理
どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

ブレードサーバ上の現行ストレージと問題なく稼働しますから、このvSANのために、別のストレージ管理チームを準備し、その設定や運営を任せる必要もありません。Vmware管理チームが、ストレージ管理も兼務できるため、コストを削減できます。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

vSANを稼働するのに、ホストCPUの10%相当のオーバーヘッドが必要になる点です。とはいえ、大規模なシステム環境なら無視できるくらい小さな数字なのかもしれませんね。

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

iSCSIやFCなどのセパレートSANプロトコルテクノロジーが不要なため、vSANによりサーバ内の既存10GBEリンクを最大限に利用できます。
vSANは、コンピューティングやストレージ、ネットワークとの統合が必要なハイパーコンバージドインフラを構築させます。
ストレージの増設は非常に簡単で、現行のvSANホストサーバクラスタをデスクに追加するだけで済みます。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

パリティおよびディスク、キャッシュの読み/書き込みに利用される簡単なアルゴリズムを見つけることで、CPUのオーバーヘッドを減らすことができます。

VMware vSAN - attractive, in-expensive- hyper-converged storage
What business problems are you solving with the product? What benefits have you realized?

The existing storage on blade servers can be effectively utilized with this. No separate Storage admin team is not required to configure or manager this vSAN. Vmware admin can act as a storage admin as well and the storage management cost can be reduced.

What do you dislike?

Its overhead, 10% of your host CPU overhead has to be considered to run vSAN. But in a larger environment, this might be a small value and can be ignored.

What do you like best?

There is no separate SAN protocol technology such as iSCSI and FC is not required, vSAN takes advantage of existing 10GBE links in the servers.

vSAN completely helps to build hyper-converged infrastructure where compute, storage and network need to be integrated.

Adding storage is very easy and can be done by adding extra disks to your current vSAN host servers-cluster.

Recommendations to others considering the product

CPU overhead can be reduced by finding out an easy algorithm that can be used for parity and disk read and write cache