USBシンクライアントとは

USBシンクライアントとは、通常のPCをシンクライアント端末化するためのツールです。「USBブート」とも呼ばれており、USBにOS情報が記録されており、PCに本ツールを接続することで、サーバーとの通信は可能だが通信HDDやSSDなどへのデータの保存は不可能にするなど、必要な設定を実行してくれます。既存のPCをシンクライアント端末へと流用できるため、会社のIT資産を有効活用することにつながります。メリットは設定の場所を選ばないことです。USBを接続できれば、PCに限らずモバイルデバイスもシンクライアント化できるため、社内・社外の端末に関係なく活用できます。リモートワークの推進に対して業務端末の設定がネックとなっているようであれば、非常に有効な手段となるでしょう。

USBシンクライアントの定義
・通常のPCを、端末側ではなくサーバー側でアプリケーションの実行やデータの保存をし、端末側では入力と処理結果の表示のみをするシンクライアント環境実装のための専用端末に変えるUSBドングルタイプの製品
・PCに接続することで、サーバーとの通信は可能だが通信HDDやSSDなどへのデータの保存は不可能となる機能を有する
・その他シンクライアント環境の専用端末であるシンクライアント端末、ソフトウェアをインストールすることで通常のPCをシンクライアント化するシンクライアントソフトが存在する

USBシンクライアントの基礎知識

USBシンクライアントとは、通常のPCをシンクライアント端末化するためのツールです。「USBブート」とも呼ばれており、USBにOS情報が記録されており、PCに本ツールを接続することで、サーバーとの通信は可能だが通信HDDやSSDなどへのデータの保存は不可能にするなど、必要な設定を実行してくれます。既存のPCをシンクライアント端末へと流用できるため、会社のIT資産を有効活用することにつながります。メリットは設定の場所を選ばないことです。USBを接続できれば、PCに限らずモバイルデバイスもシンクライアント化できるため、社内・社外の端末に関係なく活用できます。リモートワークの推進に対して業務端末の設定がネックとなっているようであれば、非常に有効な手段となるでしょう。

USBシンクライアントの定義
・通常のPCを、端末側ではなくサーバー側でアプリケーションの実行やデータの保存をし、端末側では入力と処理結果の表示のみをするシンクライアント環境実装のための専用端末に変えるUSBドングルタイプの製品
・PCに接続することで、サーバーとの通信は可能だが通信HDDやSSDなどへのデータの保存は不可能となる機能を有する
・その他シンクライアント環境の専用端末であるシンクライアント端末、ソフトウェアをインストールすることで通常のPCをシンクライアント化するシンクライアントソフトが存在する