Mac向け仮想化ソフトとは

Mac向け仮想化ソフトとは、MacOSを起動している状態で、WindowsOSを立ち上げるためのソフト。MacOSにはWindows環境を利用するために「Boot Camp」という無料ツールが標準装備されているが、仮想化ソフトを利用することで、再起動せずにWindows版のアプリケーションがMacOS起動中に同時利用できるようになる。ファイル・フォルダは、マウス操作でシームレスに移動可能で、テキストなどのコピー機能も、異なるOS間で有効になる。インターネット接続・プリンタ・周辺機器・Wi-Fiなども、MacOSの設定さえあれば、ほぼそのままの状態で、Windowsで利用できる。WindowsOSだけでなく、Linux や Chrome OS、Androidの仮想化に対応している製品も多く、また無料版を提供している仮想化ソフトもある。

Mac向け仮想化ソフトの基礎知識

Mac向け仮想化ソフトとは、MacOSを起動している状態で、WindowsOSを立ち上げるためのソフト。MacOSにはWindows環境を利用するために「Boot Camp」という無料ツールが標準装備されているが、仮想化ソフトを利用することで、再起動せずにWindows版のアプリケーションがMacOS起動中に同時利用できるようになる。ファイル・フォルダは、マウス操作でシームレスに移動可能で、テキストなどのコピー機能も、異なるOS間で有効になる。インターネット接続・プリンタ・周辺機器・Wi-Fiなども、MacOSの設定さえあれば、ほぼそのままの状態で、Windowsで利用できる。WindowsOSだけでなく、Linux や Chrome OS、Androidの仮想化に対応している製品も多く、また無料版を提供している仮想化ソフトもある。