クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、仕事を発注したい個人や企業が、
不特定多数の人に依頼をするWEBサービスの名称。
語源は群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた言葉である。
よく比較軸として挙げられるアウトソーシングとの違いだが
主な違いは以下となる。

・クラウドソーシング:不特定多数の人に依頼
・アウトソーシング:特定の業者に依頼

個人事業として活動する方が増えてきている今、
クラウドソーシングで低価格でクオリティの高い業務を
実行してもらいやすくなったことは魅力の1つである。

クラウドソーシングのメリット

クラウドソーシングで依頼することのメリットは以下が考えられる。

・必要な時にピンポイントで業務を発注できる

・手早く作業を開始してもらえる

・費用を抑えられる

クラウドソーシングの種類

一口にクラウドソーシングといっても、
いくつかの種類に分けられる。
依頼者は以下の3つからどのように業務を依頼するか選ぶ必要がある。

・プロジェクト形式
応募者の仕様や見積もりを交渉したうえで、
最適な応募者と契約を結び、
プロジェクトを遂行してもらう形式。
長期的なパートナーと契約を結びたい方に
向いている。

・コンペ形式
依頼に対して、集まった複数の提案の中から、
選び採用する形式。
色んなアイデアの中からベストなものを選びたい方に
向いている。
特にデザイン関連の業務依頼で多くみられる。

・マイクロタスク形式
1つの大規模プロジェクトを細分化し、
複数の受注者が同時に作業をする形式。
大規模プロジェクトを担当する方に
向いている。

クラウドソーシングの主な業務内容

クラウドソーシングは基本的にはオンラインでのやり取りが
メインとなるため、オンライン上で納品できる業務内容が
一般的だ。特に以下が主な業務内容である。

・コーディング
・デザイン、イラスト作成
・ホームページ制作
・動画制作
・ライティング

また納品物が発生しない、コンサルティングなども
業務として依頼することも可能。


クラウドソーシングの機能一覧


基本機能

機能 解説
不特定多数に業務を発注 企業はクラウドソーシングサービスのサイトを通じて、プログラミングやシステム開発、Web制作、ライティング、デザイン、動画編集、翻訳、アンケートなどの業務を登録者へ発注できる
個人で仕事を受注 クラウドソーシングサービスに登録すれば、サイト上にあるさまざまな仕事を受注することが可能。専門知識やスキルを、趣味などを生かした仕事を請け負うこともできる


クラウドソーシングの基礎知識

クラウドソーシングとは、仕事を発注したい個人や企業が、
不特定多数の人に依頼をするWEBサービスの名称。
語源は群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた言葉である。
よく比較軸として挙げられるアウトソーシングとの違いだが
主な違いは以下となる。

・クラウドソーシング:不特定多数の人に依頼
・アウトソーシング:特定の業者に依頼

個人事業として活動する方が増えてきている今、
クラウドソーシングで低価格でクオリティの高い業務を
実行してもらいやすくなったことは魅力の1つである。

クラウドソーシングのメリット

クラウドソーシングで依頼することのメリットは以下が考えられる。

・必要な時にピンポイントで業務を発注できる

・手早く作業を開始してもらえる

・費用を抑えられる

クラウドソーシングの種類

一口にクラウドソーシングといっても、
いくつかの種類に分けられる。
依頼者は以下の3つからどのように業務を依頼するか選ぶ必要がある。

・プロジェクト形式
応募者の仕様や見積もりを交渉したうえで、
最適な応募者と契約を結び、
プロジェクトを遂行してもらう形式。
長期的なパートナーと契約を結びたい方に
向いている。

・コンペ形式
依頼に対して、集まった複数の提案の中から、
選び採用する形式。
色んなアイデアの中からベストなものを選びたい方に
向いている。
特にデザイン関連の業務依頼で多くみられる。

・マイクロタスク形式
1つの大規模プロジェクトを細分化し、
複数の受注者が同時に作業をする形式。
大規模プロジェクトを担当する方に
向いている。

クラウドソーシングの主な業務内容

クラウドソーシングは基本的にはオンラインでのやり取りが
メインとなるため、オンライン上で納品できる業務内容が
一般的だ。特に以下が主な業務内容である。

・コーディング
・デザイン、イラスト作成
・ホームページ制作
・動画制作
・ライティング

また納品物が発生しない、コンサルティングなども
業務として依頼することも可能。


クラウドソーシングの機能一覧


基本機能

機能 解説
不特定多数に業務を発注 企業はクラウドソーシングサービスのサイトを通じて、プログラミングやシステム開発、Web制作、ライティング、デザイン、動画編集、翻訳、アンケートなどの業務を登録者へ発注できる
個人で仕事を受注 クラウドソーシングサービスに登録すれば、サイト上にあるさまざまな仕事を受注することが可能。専門知識やスキルを、趣味などを生かした仕事を請け負うこともできる