DWH(データウェアハウス)とは

DWH(データウェアハウス)とは、社内で活用している様々なシステムからデータを蓄積し、分析するために保存しておくためのツールです。現在のビジネスでは「CRM」や「会計システム」をはじめ、多くのITツールが利用されています。しかし、それらのデータはそれぞれのツール内で保存されているため、経営判断を行う際などにはデータを別のツールに抽出し、グラフや表にするといった作業が必要でした。また、データを探すための時間がかかるなど、増え続けるデータの処理に対する効率化はビジネスを推進する上で欠かせない要素になっています。DHWと似たようなものとして、データベースやBIといったものがありますが、DHWではデータの一元管理と保存、抽出に特化していることがポイントです。社内で利活用するためのデータプラットフォームの構築をお考えなら、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

DWH(データウェアハウス)の定義
・分析に最適化した形式でのデータを格納する機能を有する
・格納したデータの分析機能を有する

DWH(データウェアハウス)の基礎知識

DWH(データウェアハウス)とは、社内で活用している様々なシステムからデータを蓄積し、分析するために保存しておくためのツールです。現在のビジネスでは「CRM」や「会計システム」をはじめ、多くのITツールが利用されています。しかし、それらのデータはそれぞれのツール内で保存されているため、経営判断を行う際などにはデータを別のツールに抽出し、グラフや表にするといった作業が必要でした。また、データを探すための時間がかかるなど、増え続けるデータの処理に対する効率化はビジネスを推進する上で欠かせない要素になっています。DHWと似たようなものとして、データベースやBIといったものがありますが、DHWではデータの一元管理と保存、抽出に特化していることがポイントです。社内で利活用するためのデータプラットフォームの構築をお考えなら、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

DWH(データウェアハウス)の定義
・分析に最適化した形式でのデータを格納する機能を有する
・格納したデータの分析機能を有する