ERP(建設業向け)とは

ERP(建設業向け)とは、建設業に特化し、財務/会計、人事/給与、予算管理、販売管理、生産管理、在庫管理といった機能を提供する基幹業務システムだ。工事プロジェクトのライフサイクル全体を一元化/合理化し、バックオフィスと営業/工事などの現場をつなぐ役割を果たすことで、建設に関わる業務の効率化/標準化、情報の一元管理、工期に沿った円滑な施工、収益の確保などの実現が見込める。

基本機能

機能 解説
財務/会計 会計管理、経費精算、決算処理、資産管理などの機能を提供する
人事/給与 人事管理、人材管理、勤怠管理、給与計算などの機能を提供する
販売管理 受注、売り上げ、請求書、入金などの機能を提供する
プロジェクト管理 工事プロジェクトの登録、実行予算の取り込み、原価計算/管理、収支管理などを行う
調達/在庫管理 工事に必要な資材など、建設業特有の調達/在庫管理を行う


ERP(建設業向け)の基礎知識

ERP(建設業向け)とは、建設業に特化し、財務/会計、人事/給与、予算管理、販売管理、生産管理、在庫管理といった機能を提供する基幹業務システムだ。工事プロジェクトのライフサイクル全体を一元化/合理化し、バックオフィスと営業/工事などの現場をつなぐ役割を果たすことで、建設に関わる業務の効率化/標準化、情報の一元管理、工期に沿った円滑な施工、収益の確保などの実現が見込める。

基本機能

機能 解説
財務/会計 会計管理、経費精算、決算処理、資産管理などの機能を提供する
人事/給与 人事管理、人材管理、勤怠管理、給与計算などの機能を提供する
販売管理 受注、売り上げ、請求書、入金などの機能を提供する
プロジェクト管理 工事プロジェクトの登録、実行予算の取り込み、原価計算/管理、収支管理などを行う
調達/在庫管理 工事に必要な資材など、建設業特有の調達/在庫管理を行う