ワンタイムパスワードとは

ワンタイムパスワードとは、各種Webサービスやソフトウェアのログイン時に使用する一回限り有効なパスワードです。

ワンタイムパスワードの発行には、
・メール
・電話認証
・アプリ
・ハードウェアトークン
などが用いられ、ユーザーのログイン時に上記の手段を用いて、パスワードが発行されます。

ワンタイムパスワードのメリットとして、
・ワンタイムパスワードは一回・短期間のみ有効な使い捨てのパスワードなため、第三者に流出してもログイン時には使用不可となる
・ユーザーのスマートフォンなどに送信されるため、IDとパスワードが流出した場合でも、セキュリティリスクを低減できる
といった点があり、
ワンタイムパスワードサービスを導入することで、自社サービスのログインにワンタイムパスワードによる認証を追加し、さらなるセキュリティの向上を図ることが可能です。

基本機能

機能 解説
ワンタイムパスワードの生成・発行 Webサービスなどへのログイン要求があった際、一回限り有効なパスワードを生成し、メール・SMS・アプリ・ハードウェアトークンなどを通じてユーザーへ発行する。IDとパスワードが流出した場合でも、セキュリティリスクを低減できる

ワンタイムパスワードの基礎知識

ワンタイムパスワードとは、各種Webサービスやソフトウェアのログイン時に使用する一回限り有効なパスワードです。

ワンタイムパスワードの発行には、
・メール
・電話認証
・アプリ
・ハードウェアトークン
などが用いられ、ユーザーのログイン時に上記の手段を用いて、パスワードが発行されます。

ワンタイムパスワードのメリットとして、
・ワンタイムパスワードは一回・短期間のみ有効な使い捨てのパスワードなため、第三者に流出してもログイン時には使用不可となる
・ユーザーのスマートフォンなどに送信されるため、IDとパスワードが流出した場合でも、セキュリティリスクを低減できる
といった点があり、
ワンタイムパスワードサービスを導入することで、自社サービスのログインにワンタイムパスワードによる認証を追加し、さらなるセキュリティの向上を図ることが可能です。

基本機能

機能 解説
ワンタイムパスワードの生成・発行 Webサービスなどへのログイン要求があった際、一回限り有効なパスワードを生成し、メール・SMS・アプリ・ハードウェアトークンなどを通じてユーザーへ発行する。IDとパスワードが流出した場合でも、セキュリティリスクを低減できる