PACS(医療用画像管理システム)とは

CR、CT、MRIなどの画像撮影装置で撮影した画像データを保管・管理するシステムが、PACS(Picture Archiving and Communication Systems:医療用画像管理システム)だ。近年、デジタル画像を出力する画像撮影装置が主流となったことからニーズが高まったシステムで、従来の物理的なフィルムでの管理に比べ、大量の画像の保管・管理が可能。画像運用の手間とコストを削減できる。医用画像・検査情報データの規格および、データの通信・印刷・保存・検索においては国際標準規格「DICOM」が定められており、異なるメーカーの画像撮影装置でもPACSで統合的に保管・管理・通信することが可能となっている。また、PACSを利用することで、医療現場では必要な画像を瞬時に見ることができるようになるというメリットがある。オーダリングシステムやRIS(Radiology Information System:放射線科情報システム)、電子カルテなど、院内のシステムと連携することで、さらなる業務の効率化も期待できる。

PACS(医療用画像管理システム)の機能一覧


基本機能

機能 解説
画像保管・管理 画像撮影装置で撮影したデジタル画像を効率的に保管・管理できる
データ通信 医療現場において、いつでもどこでも端末さえあれば必要な画像をすぐに閲覧できるよう、国際標準規格に基づくデータ通信機能を提供


PACS(医療用画像管理システム)の基礎知識

CR、CT、MRIなどの画像撮影装置で撮影した画像データを保管・管理するシステムが、PACS(Picture Archiving and Communication Systems:医療用画像管理システム)だ。近年、デジタル画像を出力する画像撮影装置が主流となったことからニーズが高まったシステムで、従来の物理的なフィルムでの管理に比べ、大量の画像の保管・管理が可能。画像運用の手間とコストを削減できる。医用画像・検査情報データの規格および、データの通信・印刷・保存・検索においては国際標準規格「DICOM」が定められており、異なるメーカーの画像撮影装置でもPACSで統合的に保管・管理・通信することが可能となっている。また、PACSを利用することで、医療現場では必要な画像を瞬時に見ることができるようになるというメリットがある。オーダリングシステムやRIS(Radiology Information System:放射線科情報システム)、電子カルテなど、院内のシステムと連携することで、さらなる業務の効率化も期待できる。

PACS(医療用画像管理システム)の機能一覧


基本機能

機能 解説
画像保管・管理 画像撮影装置で撮影したデジタル画像を効率的に保管・管理できる
データ通信 医療現場において、いつでもどこでも端末さえあれば必要な画像をすぐに閲覧できるよう、国際標準規格に基づくデータ通信機能を提供