SCM(サプライチェーンマネジメント)とは

 SCM(サプライチェーンマネジメント)とは、製造業や小売業において、原料の調達から商品の製造、物流、販売といった流通までの一連のフローを管理する経営手法のことをいう。また、それらを1つのシステムで管理し、プロセスのごとに状況を見える化し、在庫量の最適化やリードタイムの削減といった各プロセスを効率化し、サプライチェーン全体においての最適化を実現するツールのことをSCMと呼ぶ。

 計画系業務の主な機能として需要予測や生産計画、在庫計画、物流計画、販売計画などといった項目がある。また、それぞれで立てた計画に基づき、受注管理といった実行系業務の機能を利用していく。


SCMの定義
・サプライチェーンを構成する一連のフローを一元的に管理する
・販売店などのベンダーを管理できる
・需要予測を行うための機能を提供する

SCMの機能一覧


基本機能

機能 解説
需要予測 過去の実績や今後予定する施策などを考慮しながら、短期もしくは長期の需要予測を行う
生産計画 需要や優先度、製造と調達のリードタイムなどを考慮しながら生産計画を導き出す
在庫計画 マイナンバーを扱う担当者ごとのアクセス制限適用などを提供する
アクセス履歴の管理 想定外の需要に対応できるだけの余裕を持たせながら、利益の最大化が可能な在庫計画を導き出す


SCM(サプライチェーンマネジメント)の基礎知識

 SCM(サプライチェーンマネジメント)とは、製造業や小売業において、原料の調達から商品の製造、物流、販売といった流通までの一連のフローを管理する経営手法のことをいう。また、それらを1つのシステムで管理し、プロセスのごとに状況を見える化し、在庫量の最適化やリードタイムの削減といった各プロセスを効率化し、サプライチェーン全体においての最適化を実現するツールのことをSCMと呼ぶ。

 計画系業務の主な機能として需要予測や生産計画、在庫計画、物流計画、販売計画などといった項目がある。また、それぞれで立てた計画に基づき、受注管理といった実行系業務の機能を利用していく。


SCMの定義
・サプライチェーンを構成する一連のフローを一元的に管理する
・販売店などのベンダーを管理できる
・需要予測を行うための機能を提供する

SCMの機能一覧


基本機能

機能 解説
需要予測 過去の実績や今後予定する施策などを考慮しながら、短期もしくは長期の需要予測を行う
生産計画 需要や優先度、製造と調達のリードタイムなどを考慮しながら生産計画を導き出す
在庫計画 マイナンバーを扱う担当者ごとのアクセス制限適用などを提供する
アクセス履歴の管理 想定外の需要に対応できるだけの余裕を持たせながら、利益の最大化が可能な在庫計画を導き出す