UPS(無停電電源装置)とは

無停電電源装置(UPS)とは

無停電電源装置(UPS)とは、Uninterruptible Power Supplyの略で、無停電電源装置とも言われています。金融機関のオンラインシステムやインターネットのような大規模なシステムや設備から、サーバーやパソコンなどのコンピュータ機器・ネットワーク機器まで、さまざまな規模において重要なシステムを、予期せぬ停電や、入力電源異常が発生した際に、電源を供給する機器(負荷機器)に対し、一定間電力を供給し続けることで、機器やデータを守る電源システムです。

UPSの種類は大きく3つに分かれています。

①常時商用給電方式
通常は、商用電源をそのまま供給し、接続された機器へ給電するUPSです。
停電が発生すると、蓄電されていたバッテリ電力がインバータにより直流から交流に変換され、出力が商用電源からインバータ側に切り換えられて接続機器へ電力を供給します。
最もシンプルな方式で、小形、軽量、安価であるのが特徴です。

②ラインインタラクティブ方式
基本構造は先の常時商用給電方式と同じですが、常時商用よりバッテリが放電、劣化しにくく、電圧変動の激しい場所でも使用可能で、入力電圧の低下、上昇時には、出力電圧安定化機能により昇/降圧し、AC100V出力に近づけることができます。
電源電圧の変動が比較的大きい場所でのネットワークサーバやOA機器の保護、電圧を調整するAVR(Automatic Voltage Regulator)を介して供給するのが特徴です。

③常時インバータ給電方式
常時インバータ給電方式とは,通常の給電時も商用電源をいったん直流電圧に変換し、インバータ(直流電圧から交流電圧を発生させる装置)を使用して電気を電気機器に供給する方式です。UPSと言えば常時インバータ給電方式と言えるほど,信頼性の高い給電方式です。
通常時には、商用電源を一度直流に変換しているため、電源に含まれているノイズの影響を受けず質のよい給電が可能になります。
いずれのUPSも停電時にはバッテリからインバータを経由して給電しますが、この方式では通常時にもインバータから給電しているため、停電時にバッテリ回路へ切り換えるためのタイムラグが発生しないメリットがあります。
ただし、構造が複雑になり、高価になります。信頼性を要する用途にはこの方式が適しています。


UPS(無停電電源装置)の機能一覧


基本機能

機能 解説
電源障害時の電力供給 予期せぬ停電や、入力電源異常が発生した際に、コンピュータ機器などへ、一定時間電力を供給する
機器やデータの保護 コンピュータやネットワークを活用した情報処理により事業の運用や管理を行っている場合、システムの停止もしくは誤動作が発生すると、その影響はシステムで稼動している業務に直接現れるため、UPSにより電源障害時に電力を供給し業務の継続を確保することで、機器やデータを保護する


UPS(無停電電源装置)の基礎知識

無停電電源装置(UPS)とは

無停電電源装置(UPS)とは、Uninterruptible Power Supplyの略で、無停電電源装置とも言われています。金融機関のオンラインシステムやインターネットのような大規模なシステムや設備から、サーバーやパソコンなどのコンピュータ機器・ネットワーク機器まで、さまざまな規模において重要なシステムを、予期せぬ停電や、入力電源異常が発生した際に、電源を供給する機器(負荷機器)に対し、一定間電力を供給し続けることで、機器やデータを守る電源システムです。

UPSの種類は大きく3つに分かれています。

①常時商用給電方式
通常は、商用電源をそのまま供給し、接続された機器へ給電するUPSです。
停電が発生すると、蓄電されていたバッテリ電力がインバータにより直流から交流に変換され、出力が商用電源からインバータ側に切り換えられて接続機器へ電力を供給します。
最もシンプルな方式で、小形、軽量、安価であるのが特徴です。

②ラインインタラクティブ方式
基本構造は先の常時商用給電方式と同じですが、常時商用よりバッテリが放電、劣化しにくく、電圧変動の激しい場所でも使用可能で、入力電圧の低下、上昇時には、出力電圧安定化機能により昇/降圧し、AC100V出力に近づけることができます。
電源電圧の変動が比較的大きい場所でのネットワークサーバやOA機器の保護、電圧を調整するAVR(Automatic Voltage Regulator)を介して供給するのが特徴です。

③常時インバータ給電方式
常時インバータ給電方式とは,通常の給電時も商用電源をいったん直流電圧に変換し、インバータ(直流電圧から交流電圧を発生させる装置)を使用して電気を電気機器に供給する方式です。UPSと言えば常時インバータ給電方式と言えるほど,信頼性の高い給電方式です。
通常時には、商用電源を一度直流に変換しているため、電源に含まれているノイズの影響を受けず質のよい給電が可能になります。
いずれのUPSも停電時にはバッテリからインバータを経由して給電しますが、この方式では通常時にもインバータから給電しているため、停電時にバッテリ回路へ切り換えるためのタイムラグが発生しないメリットがあります。
ただし、構造が複雑になり、高価になります。信頼性を要する用途にはこの方式が適しています。


UPS(無停電電源装置)の機能一覧


基本機能

機能 解説
電源障害時の電力供給 予期せぬ停電や、入力電源異常が発生した際に、コンピュータ機器などへ、一定時間電力を供給する
機器やデータの保護 コンピュータやネットワークを活用した情報処理により事業の運用や管理を行っている場合、システムの停止もしくは誤動作が発生すると、その影響はシステムで稼動している業務に直接現れるため、UPSにより電源障害時に電力を供給し業務の継続を確保することで、機器やデータを保護する