CAD(建設業向け)とは

 CAD(建設業向け)とは、建築やデザインにおける設計や製図をするために使用するデジタルツールであるCAD(Computer-Aided Design)のうち、鉄骨や水道配管、電気配線などの建設業に特化したもののこと。 

 従来の手書きによる設計・製図と比べて格段に正確性が向上するとともに、ペンと紙を使った作成による手間や労力が削減できるため、物づくりの現場において一連の設計作業を効率化できる点が最大の利点といえる。


CAD(建設業向け)の機能一覧


基本機能

機能 解説
マウス操作によるCAD設計 ほとんどの作業をマウス操作のみで進められ、容易にCAD設計を行うことができる
データインポート PDFや図面のスキャナー読込み、標準フォーマットデータのインポートなどにより、外部データをCADに取り込んで活用することができる
部材設定 CAD上で部材を設定、あるいは変更を行うと部材リストに反映され、見積りに連動させることができる
見積書作成 CADによって作成した図面の情報を基に、見積書や請求書を自動的に作成することができる
3次元モデル表示 3次元CAD製品では、3次元モデルを表示して干渉の有無などを立体的にチェックできる


CAD(建設業向け)の基礎知識

 CAD(建設業向け)とは、建築やデザインにおける設計や製図をするために使用するデジタルツールであるCAD(Computer-Aided Design)のうち、鉄骨や水道配管、電気配線などの建設業に特化したもののこと。 

 従来の手書きによる設計・製図と比べて格段に正確性が向上するとともに、ペンと紙を使った作成による手間や労力が削減できるため、物づくりの現場において一連の設計作業を効率化できる点が最大の利点といえる。


CAD(建設業向け)の機能一覧


基本機能

機能 解説
マウス操作によるCAD設計 ほとんどの作業をマウス操作のみで進められ、容易にCAD設計を行うことができる
データインポート PDFや図面のスキャナー読込み、標準フォーマットデータのインポートなどにより、外部データをCADに取り込んで活用することができる
部材設定 CAD上で部材を設定、あるいは変更を行うと部材リストに反映され、見積りに連動させることができる
見積書作成 CADによって作成した図面の情報を基に、見積書や請求書を自動的に作成することができる
3次元モデル表示 3次元CAD製品では、3次元モデルを表示して干渉の有無などを立体的にチェックできる