CRM(飲食業向け)とは

CRM(飲食業向け)とは、自社の店舗を利用するユーザーとの関係性を構築するために利用するツールです。一般のCRMとの違いは、飲食業店舗向けに適した機能やプランを展開していること。例えば社員1名1ID単位での契約ではなく、ID数は無制限に作れるプランが用意されています。飲食業は正社員やアルバイト、派遣社員といった様々なステータスの人が流動的に動く業界のため、定額プランはコスト管理の面で助けになるでしょう。機能面では、自社のオリジナルアプリの作成やレジ機能を搭載したツールなども展開されています。ツールによっては、基本プランのランニングは抑えつつ、上位プランになるほど金額は張るものの多機能になります。現状のツールのリプレイスも見据えて自社の業務環境の最適化を目指しましょう。

CRM(飲食業向け)の基礎知識

CRM(飲食業向け)とは、自社の店舗を利用するユーザーとの関係性を構築するために利用するツールです。一般のCRMとの違いは、飲食業店舗向けに適した機能やプランを展開していること。例えば社員1名1ID単位での契約ではなく、ID数は無制限に作れるプランが用意されています。飲食業は正社員やアルバイト、派遣社員といった様々なステータスの人が流動的に動く業界のため、定額プランはコスト管理の面で助けになるでしょう。機能面では、自社のオリジナルアプリの作成やレジ機能を搭載したツールなども展開されています。ツールによっては、基本プランのランニングは抑えつつ、上位プランになるほど金額は張るものの多機能になります。現状のツールのリプレイスも見据えて自社の業務環境の最適化を目指しましょう。