データベース管理とは

データベース管理システムとは、データベースを構築するために必要なデータベース運用、管理のためのシステム、およびそのソフトウェアのこと。コンピュータ上のデータベースの整理やデータの検索、更新、共有などを行うために用いられるシステムで、データベースマネジメントシステムとも呼ばれる。データベース管理システムは、手軽に利用できるオープンソースでも提供されているほか、昨今データベースの主流であるリレーショナルデータベースの管理に適した、複雑な構造のデータの比較や結合もしやすくなるリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)を利用するケースが増えている。


データベース管理の機能一覧


基本機能

機能 解説
データベース定義 データベースの領域や、表の追加、削除、列の変更など構造の定義を行うことができる
データベース操作 データベースへのデータの登録や検索、更新、削除を行うことができる
トランザクション制御 複数ユーザによる同時アクセスやデータ操作を矛盾なく実行することができる
セキュリティ ユーザの認証やデータへのアクセス制御、データの暗号化によってセキュリティを保護することができる
障害回復 サーバやシステム、データなどの障害が発生した際に、データベースを復旧することができる


データベース管理の基礎知識

データベース管理システムとは、データベースを構築するために必要なデータベース運用、管理のためのシステム、およびそのソフトウェアのこと。コンピュータ上のデータベースの整理やデータの検索、更新、共有などを行うために用いられるシステムで、データベースマネジメントシステムとも呼ばれる。データベース管理システムは、手軽に利用できるオープンソースでも提供されているほか、昨今データベースの主流であるリレーショナルデータベースの管理に適した、複雑な構造のデータの比較や結合もしやすくなるリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)を利用するケースが増えている。


データベース管理の機能一覧


基本機能

機能 解説
データベース定義 データベースの領域や、表の追加、削除、列の変更など構造の定義を行うことができる
データベース操作 データベースへのデータの登録や検索、更新、削除を行うことができる
トランザクション制御 複数ユーザによる同時アクセスやデータ操作を矛盾なく実行することができる
セキュリティ ユーザの認証やデータへのアクセス制御、データの暗号化によってセキュリティを保護することができる
障害回復 サーバやシステム、データなどの障害が発生した際に、データベースを復旧することができる