登録日:2018年07月31日
更新日:2019年03月28日

クラウドサインからの製品紹介

 クラウドサインを導入した企業が、「紙」+「押印」が必要な契約書をデジタル化した理由はさまざまですが、手間の削減や取引スピードUPを実現することで、機会損失の可能性を減らし、利益につなげることを目的とされていることは共通しています。

 例えばクラウドサインを営業現場でのご利用事例;

【クラウドサイン導入前のお悩み】
・NDAの締結だけに2週間かかり、その後商談が進み受注に至った後の申込書でさらに2週間かかる。
・1つの取引が収益化するまでに時間がかかる上、お客さまにも「すぐ」にサービスを提供開始できないというご不便をかけてしまう。

【クラウドサイン導入後の状態】
・NDAも申込書も最短数分、長くても1日以内に締結完了することが大半。
・お客さまからの引き合いがあってから、最短即日でサービス提供を開始することができ、失注リスクも激減。売上発生は1カ月分が前倒しに。

 クラウドサイン上で締結した契約書類は自動でクラウド上に保管されるため、郵送/FAXで締結した契約書類をスキャンしてPDFデータ化して保管する、などの作業もなくなる他、送信後の書類の状況が可視化されるため「あの契約どうなった?」ということもなくなります。

クラウドサインの動画を見る

【クラウドサイン】サービスイメージ動画
【クラウドサイン】基本操作
読み込んでいます

クラウドサインの資料を見る

クラウドサインの画面・関連イメージを見る

クラウドサイン担当からのメッセージ

 クラウドサインは一言で表すと「印鑑」不要の契約です。押印ではなく電子署名を発行する仕組みを用い、契約を完全に「デジタル」化することができます。

 もちろん、適法性・証拠力、セキュリティ面は十分に担保しており、現在の導入実績は4万社以上。大手金融機関からスタートアップ企業まで、多種多様な業界・規模でご活用いただいております。あらゆる業務のIT化が進む時代、契約締結・管理のデータ化は急速に浸透中です。

 具体的な導入実績、機能詳細、法的証拠力の解説などについては、お気軽にお問い合わせください。
<https://www.cloudsign.jp/>では、リアルタイムチャットでもご質問を受けつけております。

担当
高橋
企業名
弁護士ドットコム株式会社
担当領域
カスタマーサクセス

ITreviewからの製品紹介

 クラウドサインとは、日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービス(ツール)です。「紙と印鑑」を「クラウド」に置き換えることで契約作業をPCだけで完結させ、契約締結に至るまでの手間や時間、郵送代や印紙代などのコスト、契約書保管のスペースなどのムダを解消。契約締結のスピード化、コスト削減、契約書の検索、コンプライアンス強化をもたらします。契約書送信件数が月に5件以内であれば、無料で導入・利用することができます。仕業のほか、製造業など幅広い業界/業種の企業で導入されています。

クラウドサインの企業情報

製品URL
https://www.cloudsign.jp/
企業名
弁護士ドットコム株式会社
企業URL
https://corporate.bengo4.com/corporate/