コンテナとは

 コンテナとは仮想化技術と類似する技術の1つで、1台のホストコンピュータにインストールされたOS上に、コンテナと呼ばれる仮想的なユーザー空間を作り、コンテナ上で複数のアプリケーションが実装できる技術のことをいう。一般的なサーバ仮想化は、全ての仮想マシンにゲストOSを導入する必要があり、複数マシンを稼働させることは、物理的にも複数のマシンリソースが必要となり負荷がかかりがちであったが、コンテナ技術を導入すれば、稼働させるOSは1つであるため、負荷が少なく、複数のアプリケーションをスムーズに搭載、稼働できるため、昨今注目を浴びている。


コンテナの機能一覧


基本機能

機能 解説
仮想化 ホストOS上にアプリケーションとその実行環境をコンテナとして作成し、複数のコンテナでOSカーネルを共有する
データセンター データをコンテナのコンテンツおよびアプリケーションと統合する
アーキテクチャ 統合を作成し、接続されたコンテナの管理を可能にする
開発者ツールキット 開発者がソフトウェアを構築し、コンテナの内容を編集するためのツールを提供する
オーケストレーション 接続されたクラスタを通じてアプリケーションを実行する
コンテナネットワーキング コンテナ接続を定義し、負荷を分散し、ルートを整理する
パッケージング コンテナの内容を変更せずにコンテナ/アプリケーションをグループ化する
ファイルの分離 ファイルシステムのコンポーネントとその状態に基づいてコンテナを分離する
ネットワーク分離 特定のネットワークと接続に基づいてコンテナを分離する
アクセス制御 特定のコンテナまたはデータセットへのアクセスを管理者が制御できる


コンテナの基礎知識

 コンテナとは仮想化技術と類似する技術の1つで、1台のホストコンピュータにインストールされたOS上に、コンテナと呼ばれる仮想的なユーザー空間を作り、コンテナ上で複数のアプリケーションが実装できる技術のことをいう。一般的なサーバ仮想化は、全ての仮想マシンにゲストOSを導入する必要があり、複数マシンを稼働させることは、物理的にも複数のマシンリソースが必要となり負荷がかかりがちであったが、コンテナ技術を導入すれば、稼働させるOSは1つであるため、負荷が少なく、複数のアプリケーションをスムーズに搭載、稼働できるため、昨今注目を浴びている。


コンテナの機能一覧


基本機能

機能 解説
仮想化 ホストOS上にアプリケーションとその実行環境をコンテナとして作成し、複数のコンテナでOSカーネルを共有する
データセンター データをコンテナのコンテンツおよびアプリケーションと統合する
アーキテクチャ 統合を作成し、接続されたコンテナの管理を可能にする
開発者ツールキット 開発者がソフトウェアを構築し、コンテナの内容を編集するためのツールを提供する
オーケストレーション 接続されたクラスタを通じてアプリケーションを実行する
コンテナネットワーキング コンテナ接続を定義し、負荷を分散し、ルートを整理する
パッケージング コンテナの内容を変更せずにコンテナ/アプリケーションをグループ化する
ファイルの分離 ファイルシステムのコンポーネントとその状態に基づいてコンテナを分離する
ネットワーク分離 特定のネットワークと接続に基づいてコンテナを分離する
アクセス制御 特定のコンテナまたはデータセットへのアクセスを管理者が制御できる