予測分析とは

 予測分析(プレディクティブアナリティクス)とは、データ分析の一種で、大量データを統計分析やデータマイニング、機械学習などを用い解析し、明らかになった傾向やパターン(予測モデル)をベースに、未来の出来事を予測すること、またそれを実現するための製品・サービスを指す。予測分析の結果を事業計画や商品の生産計画、マーケティングに活用していくことで、市場の変化に柔軟に対応でき、リスクを回避した経営が実現できる。

 従来のデータ分析は、これまでに集めた実績データを基に、その過去や現状とインサイト(深い顧客理解など)を明らかにすることであるが、予測分析は未来の特定の時点における市場環境や影響要因を予測するという根本的な違いがある。

予測分析の定義
・構造化/非構造化データのマイニングと分析ができる
・収集・準備されたデータからデータセットやデータ視覚化を作成する
・予測モデルを作成して将来の見込みや可能性を示す


予測分析の機能一覧


基本機能

機能 解説
データの入力・準備 さまざまなシステムなどからデータを取り込み、予測モデリングを行うための前処理を施す
統計解析 線形回帰やロジスティック回帰などの手法を用いて、データの関係性を推定する
決定木(ディシジョンツリー)を用いた分析 ツリー(樹木)状のモデルを用いて分類もしくは回帰を行うことで、入力されたデータによる結果の予測を行う
ニューラルネットワークを用いた分析 パターン認識などにもとづく処理を行うことで、データ間の非構造化・非線形の関係を分析し、非常に複雑かつ高精度な予測を導き出す


予測分析の基礎知識

 予測分析(プレディクティブアナリティクス)とは、データ分析の一種で、大量データを統計分析やデータマイニング、機械学習などを用い解析し、明らかになった傾向やパターン(予測モデル)をベースに、未来の出来事を予測すること、またそれを実現するための製品・サービスを指す。予測分析の結果を事業計画や商品の生産計画、マーケティングに活用していくことで、市場の変化に柔軟に対応でき、リスクを回避した経営が実現できる。

 従来のデータ分析は、これまでに集めた実績データを基に、その過去や現状とインサイト(深い顧客理解など)を明らかにすることであるが、予測分析は未来の特定の時点における市場環境や影響要因を予測するという根本的な違いがある。

予測分析の定義
・構造化/非構造化データのマイニングと分析ができる
・収集・準備されたデータからデータセットやデータ視覚化を作成する
・予測モデルを作成して将来の見込みや可能性を示す


予測分析の機能一覧


基本機能

機能 解説
データの入力・準備 さまざまなシステムなどからデータを取り込み、予測モデリングを行うための前処理を施す
統計解析 線形回帰やロジスティック回帰などの手法を用いて、データの関係性を推定する
決定木(ディシジョンツリー)を用いた分析 ツリー(樹木)状のモデルを用いて分類もしくは回帰を行うことで、入力されたデータによる結果の予測を行う
ニューラルネットワークを用いた分析 パターン認識などにもとづく処理を行うことで、データ間の非構造化・非線形の関係を分析し、非常に複雑かつ高精度な予測を導き出す