データ連携

基本機能

アダプター連携
一般的なアプリケーションや企業内/企業間の様々なシステムとの連携が可能
4.6
回答者数:49
アダプター作成
独自システムと連携させるためのアダプターの作成が可能
4.1
回答者数:6
ファイル連携
指定したファイルの入出力、フォルダ内ファイル監視機能によるデータ連携を行う
4.7
回答者数:51
データの変換/クレンジング
データフォーマットや文字コードの変換や標準化、整理などを行い、データの共有、活用を容易にする
4.6
回答者数:50
連携フローの設定
GUIベースで処理の手順を設定したり、テンプレートを利用して連携フローの作成やカスタマイズが可能
4.6
回答者数:50
トリガー起動
ファイル監視、スケジュール実行などのトリガーを使ったデータ連携が可能
4.2
回答者数:5

拡張機能

Web API連携
Web APIを介したクラウドサービスとのデータ連携、JSON形式のデータ変換が可能
4.0
回答者数:3
セキュアなデータ連携
エンドポイント間のデータ通信の暗号化、保管データの暗号化など情報漏えいを防ぐセキュアなデータ交換が可能
4.0
回答者数:2
ユーザ管理
ユーザ単位で利用権限/利用範囲/パスワードの有効期間の指定等細やかな設定が可能
3.6
回答者数:3
安定的な稼働
プロセスの2重化やシステムの分散配置、クラスタ構成など可用性の高いシステム構築が可能
4.0
回答者数:3

Webデータベース・ノンプログラミング開発

ビジネスアプリの設計・開発

ドラッグ&ドロップでの画面設計
パーツをドラッグ&ドロップし、アプリケーションの画面(インタフェース)を作成する
4.0
回答者数:7
アプリのテンプレート
「顧客管理」や「在庫管理」「問い合わせ管理」「人事評価管理」といったベンダーが用意したアプリケーションのテンプレートをベースに、カスタマイズしながらアプリを開発できる
3.5
回答者数:6
Excelデータのアプリ化
顧客管理データや受注管理データを管理していたExcel/CSVのデータを取り込み、アプリ化できる
4.2
回答者数:7
開発ツールの提供
コードの記述・編集、デバッグ、フレームワークの利用のためのツールを提供する
4.4
回答者数:7
テスト
アプリケーションの機能や動作をテストし、問題を検出して診断する
4.0
回答者数:7
クロスプラットフォーム対応
PCだけでなくスマートフォンなどのデバイスや、Windows OS、OS XなどのさまざまなOSタイプでも難なく利用できるアプリを開発できる
3.5
回答者数:4
データ同期
外部データソースからデータを継続的に取り込み、更新を行う
4.7
回答者数:7

管理機能

データベース監視
メモリ、キャッシュなどデータベース接続に関連するパフォーマンスを監視し、異常発生時にアラートを上げる
3.0
回答者数:4
アクセス権限
ビジネスアプリの制作や編集、利用などといったアクションをユーザーごとに制限がかけられる
3.3
回答者数:6

RPA

RPAの処理設計

レコード機能
人がマウスを使って操作する画面の位置や操作を記録したり、キーボードを使って入力する文字列やコマンドを記録することでロボットの処理内容を登録する
5.0
回答者数:1

自動処理の設定

スケジューリング
あらかじめ計画されたスケジュールに従い、該当する日時に自動的に処理を実行する
4.7
回答者数:4
トリガー設定
「メールを受信した」「フォルダにファイルが追加された」などの事前に設定したアクションが起こった際に、ロボットが自動的に処理を開始する
4.3
回答者数:3
ワークフロー
手順が決まったワークフローを実行する。前の処理が確実に終了してから次の処理を実行し、一連の処理が終了した時点で完了とするトランザクション処理にも対応する
4.3
回答者数:3
エラー処理
エラーの発生など特定の条件が発生した際に分岐処理を行う。エラーの場合は管理者にアラートを出し、最初に戻ってもう一度トライするといった処理を設定できる
4.2
回答者数:4

ロボット管理

ダッシュボード
社内で運用するロボットが処理に成功したか、失敗しているかなどといった稼働状況が確認できる
5.0
回答者数:1
ログ管理
管理ツールの操作やアクセスログと、ロボットの実行ログを管理する
5.0
回答者数:1