ETLツールとは

ETLツールとは、BIツールに利用するDWHにデータを書き出すための一連のプロセスを行うツールです。ETLとは、「Extract (抽出)」「Transform (変換)」「Load (書き出し)」の略語です。CRMやERPといった複数のデータベースやシステムからデータを抽出し、指定するデータの形式に加工、書き出しを行う機能を備えています。あくまでも分析に利用するデータのもとをつくるためのツールのため、連携するツールとの相性や使い勝手を鑑みて導入することが必須です。ツールを導入することで、人力での分析に必要なデータテーブルの開発工数を削減し、アウトプットとなるデータ品質も一定となるため、分析データの精度向上に役立ってくれるでしょう。

ETLツールの定義
・複数のシステムやデータベースと連携・接続し、データを管理・分析しやすくするために抽出、加工、書き出しをする機能を備える
・BIなどの分析システムと連携して使用するが、分析や管理ではなくデータの抽出、加工、書き出しをメイン機能としている

ETLツールの基礎知識

ETLツールとは、BIツールに利用するDWHにデータを書き出すための一連のプロセスを行うツールです。ETLとは、「Extract (抽出)」「Transform (変換)」「Load (書き出し)」の略語です。CRMやERPといった複数のデータベースやシステムからデータを抽出し、指定するデータの形式に加工、書き出しを行う機能を備えています。あくまでも分析に利用するデータのもとをつくるためのツールのため、連携するツールとの相性や使い勝手を鑑みて導入することが必須です。ツールを導入することで、人力での分析に必要なデータテーブルの開発工数を削減し、アウトプットとなるデータ品質も一定となるため、分析データの精度向上に役立ってくれるでしょう。

ETLツールの定義
・複数のシステムやデータベースと連携・接続し、データを管理・分析しやすくするために抽出、加工、書き出しをする機能を備える
・BIなどの分析システムと連携して使用するが、分析や管理ではなくデータの抽出、加工、書き出しをメイン機能としている