データ連携とは

 データ連携ツールとは、社内のさまざまなアプリケーションやシステム、データソースからデータを受け取り、相互に共有/活用できるようにしたり、一元的な管理を可能にするツールのことをいう。

 多くの場合、さまざまなアプリケーションやデータベース製品などと連携するためのアダプター/コネクターを標準装備、もしくは作成する機能を備えており、データの変換やクレンジング、監視などを行いつつ、データ連携を実行する。

 また、現在では社内システム間だけではなく、社内システムとクラウドサービス、あるいはクラウドサービスどうしの連携も企業の重要課題となりつつあるため、多くのデータ連携製品はクラウドサービスとの連携アダプター/コネクターを用意しているうえ、データ連携を実現するクラウドサービスも少なくない。


データ連携ツールの定義
・システム間の連携/同期を容易に実現する仕組みを提供
・社内のビジネスデータを一元的に取り扱い、必要に応じて抽出/利用できるようにする
・システム間でデータを受け渡しする際に、任意の操作を行うための機能を備えている


データ連携の機能一覧


基本機能

機能 解説
アダプター連携 一般的なアプリケーションとの連携が可能
アダプター作成 独自システムと連携させるためのアダプターの作成が可能
ファイル連携 指定したファイルの入出力、フォルダ内のファイルのスケジュール処理によりデータ連携を行う
データの変換/クレンジング データの変換や標準化、整理などを行い、データの共有/活用を容易にする
連携フローの設定 GUIベースで処理の手順を設定したり、テンプレートを利用して連携フローの作成やカスタマイズが可能


データ連携の基礎知識

 データ連携ツールとは、社内のさまざまなアプリケーションやシステム、データソースからデータを受け取り、相互に共有/活用できるようにしたり、一元的な管理を可能にするツールのことをいう。

 多くの場合、さまざまなアプリケーションやデータベース製品などと連携するためのアダプター/コネクターを標準装備、もしくは作成する機能を備えており、データの変換やクレンジング、監視などを行いつつ、データ連携を実行する。

 また、現在では社内システム間だけではなく、社内システムとクラウドサービス、あるいはクラウドサービスどうしの連携も企業の重要課題となりつつあるため、多くのデータ連携製品はクラウドサービスとの連携アダプター/コネクターを用意しているうえ、データ連携を実現するクラウドサービスも少なくない。


データ連携ツールの定義
・システム間の連携/同期を容易に実現する仕組みを提供
・社内のビジネスデータを一元的に取り扱い、必要に応じて抽出/利用できるようにする
・システム間でデータを受け渡しする際に、任意の操作を行うための機能を備えている


データ連携の機能一覧


基本機能

機能 解説
アダプター連携 一般的なアプリケーションとの連携が可能
アダプター作成 独自システムと連携させるためのアダプターの作成が可能
ファイル連携 指定したファイルの入出力、フォルダ内のファイルのスケジュール処理によりデータ連携を行う
データの変換/クレンジング データの変換や標準化、整理などを行い、データの共有/活用を容易にする
連携フローの設定 GUIベースで処理の手順を設定したり、テンプレートを利用して連携フローの作成やカスタマイズが可能