user
  • ビット・クルー株式会社
  • 経営・経営企画職
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 20人未満
ESXの次世代機
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

ESXiの次の候補として一番に思いつくハイパーバイザーで、Prismから全てを管理する事が可能なので運用もしやすく、HCIを導入する際に構築も難しくなく導入が出来ます。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

日本語化を完全に実施して欲しいと思います。一部直訳なので、日本語化を隅々まで実施して欲しいとおもいました。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

HCIを導入する際に構築が素早く行う事ができ、今まで3Tierでの物理マシン障害の際の保守に、仮想マシン側のケアもしないといけなかったが、HCIになってからは全てが冗長化されている為、保守に手間がなくなった。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • ITコンサルタント
  • 導入決定者
  • ソフトウェア・SI
  • 20人未満
HCIの代表製品
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

AHVだけでなく、VMware ESXiにも対応している事から、既存インフラをESXiで管理していた場合でも容易にインフラの移行をする事が可能です。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

日本語インタフェースを隅々まで充実させて欲しい。現状では日本語対応できていない部分があります。また、UIのメニューが縦並びと横並びがおり混ざっている為、直感的に使えない画面がある気がします。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

HCIを導入し、ESXi環境を移行する事ができました。これで3Tierでの物理インフラの保守管理業務の軽減を実施する事が出来ました。

その他の製品

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 社内情報システム(企画・計画・調達)
  • IT管理者
  • 電気
  • 1000人以上
ハイパーバイザー等選択に自由度有り
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

ハイパーバイザーだけでなくソフトウェアディファインドストレージ等、垂直統合型インフラに必要な要素を考慮した構成となっている。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

自社アプライアンスへの搭載や他社製ハードウェアへの提供など、今後もソフトウェアとしての価値向上を図ってほしい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

従来型のFC-SANによる仮想化環境の置き換えにあたり検討しており実機検証等進めました。環境構築や運用面での工数削減を想定しています。

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

既存の環境への組み込みを考えた場合、上位ネットワークがレガシーな場合があると思います。最大限活用する場合はある程度上位ネットワークも仮想化することで構築・運用の最適化が図られると考えます。

user
  • ソフトバンクコマース&サービス株式会社
  • ITアーキテクト
  • ビジネスパートナー
  • ソフトウェア・SI
  • 1000人以上
  • 販売関係者
HCIとしての秀逸な完成度
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

Nutanix HCI Platformは、Nutanixの代表的な製品であり、一般的にこの製品のことをNutanixと呼ばれることが大変多い。
ハイパーバイザーをESXi,Hyper-V,Citrix Hypervisor,AHVから選択でき、使い慣れているハイパーバイザーのままNutanixを利用することができる。
VDIなどで同じ仮想マシンが同時に起動する際に全ノードにそのイメージをキャッシュするマルチリーダー機能や、データーの利用形態に応じてSSDとHDDにデーターを自動配置する自動階層化機能が優れており、ハイパフォーマンスで仮想マシンを稼働・運用することができる。
ストレージスナップショット機能が大変優れており、他のNutanixクラスターへのレプリケーションやパブリッククラウドへのバックアップをNutanixだけで実現することができる。
ハードウェアも、Nutanix純正以外にDellEMCやLenovoも選択でき、選択の幅が広い。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

原則3ノードからの導入となっており、原稿が2ホスト以下の小規模の仮想化環境においてはコスト的に合わないケースが多いため、小規模向けの製品を市場に出してほしい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

仮想化基盤における、遅いといわれる課題を、明確に解決できた。
仮想マシンのパフォーマンスが良くない場合、Prism画面より仮想マシンの詳細場パフォーマンスを確認できるため、原因調査がスムーズ

検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください

・Prismによる総合的な管理
・ストレージベースのスナップショットによるバックアップ+レプリケーション機能
・パブリッククラウドバックアップ機能