CASB(クラウドセキュリティ)のITreview Grid

 CASB(Cloud Access Security Broker)とは、企業で利用するSaaS型のクラウドサービスをセキュアに利用するために導入するツールを指す。導入することで、複数のSaaSにおいて、それぞれ利用状況が可視化でき、またツールや機能のアクセス制御、データごとへの持ち出し制御、コンプライアンス違反の監視、マルウェアなどの脅威の検知などが実現できる。

 導入にはSaaSプロバイダーとユーザー間にCASBをゲートウェイとして設置する方法や、各デバイスのエージェントに導入する方法などがある。それぞれの従業員がどこでSaaSを利用していても同一のセキュリティポリシーやガバナンスを効かせられ、情報漏えいのリスクを下げられるのが特徴だ。

CASB(クラウドセキュリティ)のメニュー

CASB(クラウドセキュリティ)の基礎知識

 CASB(Cloud Access Security Broker)とは、企業で利用するSaaS型のクラウドサービスをセキュアに利用するために導入するツールを指す。導入することで、複数のSaaSにおいて、それぞれ利用状況が可視化でき、またツールや機能のアクセス制御、データごとへの持ち出し制御、コンプライアンス違反の監視、マルウェアなどの脅威の検知などが実現できる。

 導入にはSaaSプロバイダーとユーザー間にCASBをゲートウェイとして設置する方法や、各デバイスのエージェントに導入する方法などがある。それぞれの従業員がどこでSaaSを利用していても同一のセキュリティポリシーやガバナンスを効かせられ、情報漏えいのリスクを下げられるのが特徴だ。