生産管理のITreview Grid

 生産管理とは、製造業の生産工程について、製品を製造して出荷するまでの工程だけでなく、販売実績・需要予測に基づく生産計画の立案、原材料や部品の購買、原価計算、工程の手順、納期のスケジュール、製品の在庫、人員配置、品質まで幅広い業務を管理するシステムのことをいう。また、製造に必要となる部品表を作成・管理するBOM(Bill of Materials)、製品の企画・設計から廃棄・再生までのライフサイクル全般を管理するPLM(Product Lifecycle Management)などの機能を含む場合もある。日本工業規格(JIS)では「生産管理を系統的に行うために、生産に伴う現品、情報、原価(価値)の流れを統合的、かつ総合的に管理するシステム」と定義している。

 製造業の生産方式は、流れ作業により製品を組み立てていく「ライン生産」、多品種少量の製品を順番に生産する「ロット生産」、1人または少人数の作業者が部品を用意して製品を作り上げるまでを担当する「セル生産」、注文に応じてオーターメイドで生産する「個別生産」などに分けられ、製造業の業種業態、企業によって必要とする機能が異なる。そのため、独自の生産管理システムを個別に開発する企業も多い。

生産管理の導入効果


生産状況の可視化と業務の平準化を実現

 多くの製造業企業の工場では、市場変化や製品によって生産量が変動することが往々にある。生産業務が集中して忙しい現場がある一方、業務がなくて暇にしている現場もあるといったように業務負荷が片寄りがちだ。これば全社の労働生産性や従業員の労務管理の面から望ましいことではない。生産管理システムを導入し、全ての生産現場の状況を可視化すれば、業務負荷の片寄りを直ちに発見し、適切な人的配置や生産ラインの稼働を分散して対応することで業務を平準化できる。

適正在庫と品質管理で利益率を向上

 生産管理システムを導入し、生産計画に基づいた在庫管理を行えば、製品在庫の適正化を図ることができる。これにより余剰在庫によるコスト負担を削減したり、在庫不足による販売機会損失を回避したりできる。また徹底した品質管理と改善活動により不良率を低下させれば、その分の無駄な経費を圧縮できる。このように適正在庫と品質を管理することで、利益率の向上につながる。

リードタイムを短縮して競争を優位に

 生産管理システムは、注文の受注から納品までに要するリードタイムを短縮するためのスケジュール管理機能、需要予測機能などを備えている。例えば、材料・部品の仕入先企業と生産計画のスケジュールや材料・部品の在庫情報を共有する仕組みを用意しておけば、仕入・購買に関するリードタイムを短縮できる可能性がある。リードタイムが短ければ短いほど販売機会は増えるため、競合他社との競争で優位に立てるようになる。


生産管理の対象ユーザー


導入検討、利用ユーザー
 ・製造業の生産現場を統括する経営者や生産管理部門
 ・生産管理システムの開発・運用を担当する情報システム部門


生産管理の機能一覧


生産計画と受注の管理

機能 解説
生産計画 製品在庫データをもとに生産計画を立案する
受注管理 受注情報または受注状況に応じてオーダー(製番)を管理する
資材所要管理 人員、設備など生産に必要な全ての資源を管理する
製番管理 製品に関する加工・組立指示書を準備し、同一の製造番号で管理する


発注・出荷・在庫の管理

機能 解説
発注管理 確定した手配管理情報から資材購入・外注依頼の発注指示を生成する
受入管理 購入品・外注加工品の受入を管理する
出荷管理 出荷計画・出荷指示を管理し、出荷実績・売り上げ実績を登録して伝票を出力する
購買管理 発注計画に基づいて材料・部品を要求通りの品質・価格・納期で調達する
在庫管理 品番・場所・受払明細による実在庫と有効在庫、在庫調整・移管・棚卸を管理する
EDIデータ取り込み 受発注業務などの企業間取引のデータを、形式を統一した上で自動的にやりとりする


品質、負荷、進捗の管理

機能 解説
品質管理 商品の検査実績や生産実績を基に、不良品がないかを確認できる。また、生産時、商品に個別識別番号を付与することで、商品流通後に不良品が発生しても、その番号を基に原因の特定や生産ラインの障害発見に役立てられる
負荷管理 保有工数(所定工数、調整工数)と指示残数、標準工数(段取、加工)から負荷工数、負荷率を算出する
進捗管理 ガントチャートにより作業指示、実績を対比して照会する


仕入・売り上げ・原価の管理

機能 解説
買掛管理 受入品、外注加工品の仕入計上による買掛管理を行う
売掛管理 出荷した製品を売り上げに計上して売掛金として管理する
標準原価管理 材料費・加工費・経費の単価を積算して品目別実際原価を計算する
個別原価管理 製番別に実際原価として集計し、見積金額や手配金額を対比する


部品表管理(BOM)

機能 解説
設計部品表(E-BOM)の管理 部品やモジュールの仕様・材質、図面データ、技術情報など、設計工程の部品構成情報を作成・管理する
製造部品表(M-BOM)の管理 生産工程ごとに必要な部品・原材料や工程順位など、製品を製造する際に必要な部品構成情報を作成・管理する
購買部品表の管理 購入・納入単位数量、購入価格、リードタイムなど、購買部門が使用する部品表を作成、管理する
マスター部品表の管理 各工程で個別に使用する部品表の整合性をとるために、全ての部品表を統合管理する


システム管理

機能 解説
データベース管理 品目マスター、品目構成マスター、図面マスター、手配マスター、取引先マスターなどの情報をデータベースに格納する
帳票管理 出庫台帳、分納伝票、受入予定実績対比などの帳票を出力、管理する




生産管理の選定ポイント


ツールごとの違い

・MRPシステム
 MRP(Material Requirement Planning、資材所要量計画)システムは、製品の生産計画に合わせて、必要な材料・部品量を計算し、製品の生産スケジュールに合わせて生産計画や調達計画を作成するシステム。米国で誕生し、徐々に適用範囲が広がって部品調達、製造、出荷を管理するシステムとなり、現在はERPシステムへと発展している。

・製番管理システム
 製造番号を使った生産管理システム。古くから日本企業の多くが採用してきた。個別生産やロット生産で用いられることが多く、製造番号ごとに材料・部品の調達が行われる。製造番号は、出庫、発注、入庫などの伝票や生産指示書、原価計算書まで全て同じものが使用される。最近はMRPシステムと製番管理システムの両方の機能を備えたハイブリッドな製品も多い。

導入形態

 生産管理システムは長年、企業のオンプレミス環境に構築・運用されてきた。国内外の多くのベンダーがパッケージ製品を提供しているが、生産管理の全業務プロセスをパッケージ製品に合わせることができず、自社で独自の生産管理システムを開発・運用している企業も多い。最近になってERPパッケージに含まれる生産管理システムの一部がクラウドサービスとして登場し始めたが、いまだメジャーな選択肢にはなっていないのが現状である。

価格形態・契約形態

 生産管理システムの多くは、買い取り型のパッケージ製品として提供されているが、自社の状況に合わせてパッケージをカスタマイズすることが必須であり、パッケージ製品の価格の他に、導入ベンダーによるシステムインテグレーション・カスタマイズの費用が掛かる場合が多い。


生産管理のシステム要件・他システムとの連携方法


一般的な導入方法・導入環境

 生産管理システムは、工場の生産管理部門の主導により導入することが多いが、実際の製品選定や運用管理は情報システム部門が行うことが一般的だ。近年は自社開発をやめてパッケージを導入する例も増え始めているが、業務プロセスを変更しなければならないこともあるため、導入プロジェクトは年単位に及ぶことがある。

導入時に必要なもの

 パッケージ製品の生産管理システムを導入する場合、最も重要になるのが従来の業務プロセスやデータを完全に移行できるかという点である。特に膨大なデータが格納・管理されているマスターデータベースの移行が伴う場合は、確実に移行できるという確約を導入ベンダーと交わした↑で実施するなど慎重を期すことが望ましい。

導入後の運用方法・サポートの有無

 生産管理システムの運用は、基本的に社内の情報システム部門が行うことが一般的だ。工場の生産方式や業務プロセスが変わらない限り、長年にわたって運用することになるが、日々のメンテナンスやインシデント対応は欠かせない。導入を担当したSIベンダーと保守契約を結べば、パッケージ製品ベンダーのサポートも得られるケースも多い。

他製品との連携効果

 生産管理システムは、在庫管理システムや原価計算システム、販売管理システムなどの基幹業務システムと連携して利用するケースもある。BOM機能を備えているシステムでは、CADシステム、購買管理システムなどと連携して利用するケースも多い。いずれも別システムと連携する場合には、それぞれのシステムに機能として用意されているAPIを利用するか、システム間を接続するアダプターと呼ばれるプログラムを個別に開発し、両者を接続して利用する。

生産管理の基礎知識

 生産管理とは、製造業の生産工程について、製品を製造して出荷するまでの工程だけでなく、販売実績・需要予測に基づく生産計画の立案、原材料や部品の購買、原価計算、工程の手順、納期のスケジュール、製品の在庫、人員配置、品質まで幅広い業務を管理するシステムのことをいう。また、製造に必要となる部品表を作成・管理するBOM(Bill of Materials)、製品の企画・設計から廃棄・再生までのライフサイクル全般を管理するPLM(Product Lifecycle Management)などの機能を含む場合もある。日本工業規格(JIS)では「生産管理を系統的に行うために、生産に伴う現品、情報、原価(価値)の流れを統合的、かつ総合的に管理するシステム」と定義している。

 製造業の生産方式は、流れ作業により製品を組み立てていく「ライン生産」、多品種少量の製品を順番に生産する「ロット生産」、1人または少人数の作業者が部品を用意して製品を作り上げるまでを担当する「セル生産」、注文に応じてオーターメイドで生産する「個別生産」などに分けられ、製造業の業種業態、企業によって必要とする機能が異なる。そのため、独自の生産管理システムを個別に開発する企業も多い。

生産管理の導入効果


生産状況の可視化と業務の平準化を実現

 多くの製造業企業の工場では、市場変化や製品によって生産量が変動することが往々にある。生産業務が集中して忙しい現場がある一方、業務がなくて暇にしている現場もあるといったように業務負荷が片寄りがちだ。これば全社の労働生産性や従業員の労務管理の面から望ましいことではない。生産管理システムを導入し、全ての生産現場の状況を可視化すれば、業務負荷の片寄りを直ちに発見し、適切な人的配置や生産ラインの稼働を分散して対応することで業務を平準化できる。

適正在庫と品質管理で利益率を向上

 生産管理システムを導入し、生産計画に基づいた在庫管理を行えば、製品在庫の適正化を図ることができる。これにより余剰在庫によるコスト負担を削減したり、在庫不足による販売機会損失を回避したりできる。また徹底した品質管理と改善活動により不良率を低下させれば、その分の無駄な経費を圧縮できる。このように適正在庫と品質を管理することで、利益率の向上につながる。

リードタイムを短縮して競争を優位に

 生産管理システムは、注文の受注から納品までに要するリードタイムを短縮するためのスケジュール管理機能、需要予測機能などを備えている。例えば、材料・部品の仕入先企業と生産計画のスケジュールや材料・部品の在庫情報を共有する仕組みを用意しておけば、仕入・購買に関するリードタイムを短縮できる可能性がある。リードタイムが短ければ短いほど販売機会は増えるため、競合他社との競争で優位に立てるようになる。


生産管理の対象ユーザー


導入検討、利用ユーザー
 ・製造業の生産現場を統括する経営者や生産管理部門
 ・生産管理システムの開発・運用を担当する情報システム部門


生産管理の機能一覧


生産計画と受注の管理

機能 解説
生産計画 製品在庫データをもとに生産計画を立案する
受注管理 受注情報または受注状況に応じてオーダー(製番)を管理する
資材所要管理 人員、設備など生産に必要な全ての資源を管理する
製番管理 製品に関する加工・組立指示書を準備し、同一の製造番号で管理する


発注・出荷・在庫の管理

機能 解説
発注管理 確定した手配管理情報から資材購入・外注依頼の発注指示を生成する
受入管理 購入品・外注加工品の受入を管理する
出荷管理 出荷計画・出荷指示を管理し、出荷実績・売り上げ実績を登録して伝票を出力する
購買管理 発注計画に基づいて材料・部品を要求通りの品質・価格・納期で調達する
在庫管理 品番・場所・受払明細による実在庫と有効在庫、在庫調整・移管・棚卸を管理する
EDIデータ取り込み 受発注業務などの企業間取引のデータを、形式を統一した上で自動的にやりとりする


品質、負荷、進捗の管理

機能 解説
品質管理 商品の検査実績や生産実績を基に、不良品がないかを確認できる。また、生産時、商品に個別識別番号を付与することで、商品流通後に不良品が発生しても、その番号を基に原因の特定や生産ラインの障害発見に役立てられる
負荷管理 保有工数(所定工数、調整工数)と指示残数、標準工数(段取、加工)から負荷工数、負荷率を算出する
進捗管理 ガントチャートにより作業指示、実績を対比して照会する


仕入・売り上げ・原価の管理

機能 解説
買掛管理 受入品、外注加工品の仕入計上による買掛管理を行う
売掛管理 出荷した製品を売り上げに計上して売掛金として管理する
標準原価管理 材料費・加工費・経費の単価を積算して品目別実際原価を計算する
個別原価管理 製番別に実際原価として集計し、見積金額や手配金額を対比する


部品表管理(BOM)

機能 解説
設計部品表(E-BOM)の管理 部品やモジュールの仕様・材質、図面データ、技術情報など、設計工程の部品構成情報を作成・管理する
製造部品表(M-BOM)の管理 生産工程ごとに必要な部品・原材料や工程順位など、製品を製造する際に必要な部品構成情報を作成・管理する
購買部品表の管理 購入・納入単位数量、購入価格、リードタイムなど、購買部門が使用する部品表を作成、管理する
マスター部品表の管理 各工程で個別に使用する部品表の整合性をとるために、全ての部品表を統合管理する


システム管理

機能 解説
データベース管理 品目マスター、品目構成マスター、図面マスター、手配マスター、取引先マスターなどの情報をデータベースに格納する
帳票管理 出庫台帳、分納伝票、受入予定実績対比などの帳票を出力、管理する




生産管理の選定ポイント


ツールごとの違い

・MRPシステム
 MRP(Material Requirement Planning、資材所要量計画)システムは、製品の生産計画に合わせて、必要な材料・部品量を計算し、製品の生産スケジュールに合わせて生産計画や調達計画を作成するシステム。米国で誕生し、徐々に適用範囲が広がって部品調達、製造、出荷を管理するシステムとなり、現在はERPシステムへと発展している。

・製番管理システム
 製造番号を使った生産管理システム。古くから日本企業の多くが採用してきた。個別生産やロット生産で用いられることが多く、製造番号ごとに材料・部品の調達が行われる。製造番号は、出庫、発注、入庫などの伝票や生産指示書、原価計算書まで全て同じものが使用される。最近はMRPシステムと製番管理システムの両方の機能を備えたハイブリッドな製品も多い。

導入形態

 生産管理システムは長年、企業のオンプレミス環境に構築・運用されてきた。国内外の多くのベンダーがパッケージ製品を提供しているが、生産管理の全業務プロセスをパッケージ製品に合わせることができず、自社で独自の生産管理システムを開発・運用している企業も多い。最近になってERPパッケージに含まれる生産管理システムの一部がクラウドサービスとして登場し始めたが、いまだメジャーな選択肢にはなっていないのが現状である。

価格形態・契約形態

 生産管理システムの多くは、買い取り型のパッケージ製品として提供されているが、自社の状況に合わせてパッケージをカスタマイズすることが必須であり、パッケージ製品の価格の他に、導入ベンダーによるシステムインテグレーション・カスタマイズの費用が掛かる場合が多い。


生産管理のシステム要件・他システムとの連携方法


一般的な導入方法・導入環境

 生産管理システムは、工場の生産管理部門の主導により導入することが多いが、実際の製品選定や運用管理は情報システム部門が行うことが一般的だ。近年は自社開発をやめてパッケージを導入する例も増え始めているが、業務プロセスを変更しなければならないこともあるため、導入プロジェクトは年単位に及ぶことがある。

導入時に必要なもの

 パッケージ製品の生産管理システムを導入する場合、最も重要になるのが従来の業務プロセスやデータを完全に移行できるかという点である。特に膨大なデータが格納・管理されているマスターデータベースの移行が伴う場合は、確実に移行できるという確約を導入ベンダーと交わした↑で実施するなど慎重を期すことが望ましい。

導入後の運用方法・サポートの有無

 生産管理システムの運用は、基本的に社内の情報システム部門が行うことが一般的だ。工場の生産方式や業務プロセスが変わらない限り、長年にわたって運用することになるが、日々のメンテナンスやインシデント対応は欠かせない。導入を担当したSIベンダーと保守契約を結べば、パッケージ製品ベンダーのサポートも得られるケースも多い。

他製品との連携効果

 生産管理システムは、在庫管理システムや原価計算システム、販売管理システムなどの基幹業務システムと連携して利用するケースもある。BOM機能を備えているシステムでは、CADシステム、購買管理システムなどと連携して利用するケースも多い。いずれも別システムと連携する場合には、それぞれのシステムに機能として用意されているAPIを利用するか、システム間を接続するアダプターと呼ばれるプログラムを個別に開発し、両者を接続して利用する。