レプリケーションとは

 レプリケーションとは、稼働中のサーバのデータをリアルタイムで、ほかのサーバへ複製することのできるソフトウェアである。直近のデータを容易にリストアでき、遠隔地にデータの複製が行えるので、ディザスタ・リカバリー(DR)として検討・導入している企業も多い。バックアップソフトウェアやストレージ・ハードウェアの付加機能として提供されているものも多数存在する。


レプリケーションの定義
・稼働中のサーバのデータをもう1台のサーバへリアルタイムに複製する仕組みを提供する
・サーバの障害時に複製したサーバを自動的に稼働させられ事業を継続できる

レプリケーションの機能一覧


基本機能

機能 解説
リアルタイムでの複製 差分もしくは増分データのみを転送し、高速に複製を行う
自動化とスケジューリング 複製するスケジュールを、曜日/時刻、もしくは間隔などを指定できる
遠隔地バックアップ ネットワーク回線を介して遠隔地へレプリケーションを行える
クラウド対応 オンプレミスに加えクラウド上のサーバやシステムデータも保護する


レプリケーションの基礎知識

 レプリケーションとは、稼働中のサーバのデータをリアルタイムで、ほかのサーバへ複製することのできるソフトウェアである。直近のデータを容易にリストアでき、遠隔地にデータの複製が行えるので、ディザスタ・リカバリー(DR)として検討・導入している企業も多い。バックアップソフトウェアやストレージ・ハードウェアの付加機能として提供されているものも多数存在する。


レプリケーションの定義
・稼働中のサーバのデータをもう1台のサーバへリアルタイムに複製する仕組みを提供する
・サーバの障害時に複製したサーバを自動的に稼働させられ事業を継続できる

レプリケーションの機能一覧


基本機能

機能 解説
リアルタイムでの複製 差分もしくは増分データのみを転送し、高速に複製を行う
自動化とスケジューリング 複製するスケジュールを、曜日/時刻、もしくは間隔などを指定できる
遠隔地バックアップ ネットワーク回線を介して遠隔地へレプリケーションを行える
クラウド対応 オンプレミスに加えクラウド上のサーバやシステムデータも保護する