非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • ITアーキテクト
  • IT管理者
  • その他小売・卸売
  • 100-300人未満
  • 契約タイプ 有償利用

使いやすさとセキュリティ確保を両方実現できる製品です

良いポイント

Handbookを使う閲覧ユーザとして:
本棚の中にある本を取り出して使うような操作感でブック(ドキュメント)をみることができるので、アプリの利用方法を一度説明すれば誰でも操作ができます。管理者側からすると操作方法の問い合わせが全くと言っていいほどありません。

Handbookでブックを公開する管理者として:
PDF化している文書はそのままブックとして公開もできます。
ブックの中をセクションで区切ることができ、そのセクションの中にPDF、Excelのファイルを含めることができるので、説明文書はPDF, 関連する数値データはExcelというように1つのブックの中に複数種類のドキュメントを含めることができます。
ブックに対するアクセス権限や公開期間だけでなく、端末単位でのアクセス権設定も可能ですので、ドキュメントに必要なセキュリティのコントロールが可能です。ユーザ―の利用状況の確認やアンケートによるユーザーからのフィードバック確認もHandbookの管理画面でできるので、Handbook利用の効果測定が行いやすいと思います。

改善してほしいポイント

ドキュメントの管理やユーザー操作も直観的に操作が出来ますので、運用管理を現場で実施することができています。
今の当社の使い方であればHandbookの機能は十分です。

どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか?

海外の現地本部から店舗間への情報共有ツールとしてHandbookを利用しています。
店舗毎にドキュメントのセキュリティ設定が出来る点と店舗にある端末以外にコンテンツを持ちだすことができないようにすることが必要でしたが、どちらもHandbookの機能で実現できています。
コンテンツ管理も現地本部のエリアマネージャが行っていますので、多言語対応と操作性の良さが必須が課題でしたが
Handbookに関しては操作についての問い合わせは導入後、全くなく現地で運用できています。
そのためシステムの管理工数はほとんどかかっていません。

検討者へお勧めするポイント

システム管理の手間がほとんどかからない点と直感的な操作が可能なユーザ―インターフェースですので、操作問合せがほとんどなく現場で運用ができる点がおススメするポイントです。
導入後もユーザーミーティングを通じてお互いがどのようにHandbookを活用しているかの

もっと見る