登録日:2018 年 09 月 13 日
更新日:2022 年 04 月 28 日

Parallels Remote Application Serverからの製品紹介

Parallels Remote Application Server (RAS) は、エンドユーザーが日常使うビジネス アプリケーションを、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドの環境で高速かつ高い信頼性で使用できるようにする、アプリケーション仮想化とデスクトップ仮想化のためのオールインワン ソリューションです。
ロードバランサーやリソース管理、レポート機能などの必要な機能が全て組み込まれているため、オプションコストが不要です。
また、管理者用コンソールもシンプルな操作を提供していますので、優れたユーザー エクスペリエンスで導入までの時間を短縮できます。
また、サーバー OS は Windows Server 2019 にも対応しており、クラウド プラットフォーム上での展開は、Azure、AWS、Alibaba Cloud などがご利用頂けます。
加えて、Google 認証による 2 要素認証機能の強化や、各社員のログイン時間を機械学習し、事前セッション読み込みによるアクセス集中分散など、管理者側とユーザー側のエクスペリエンスを更に高める機能などを実装しています。

バージョン 18* からは、Azure Virtual Desktop (AVD) との統合、FSLogix プロファイル コンテナーの統合、ユーザー エクスペリエンス評価機能と高度なセッション測定基準設定が追加されました。
加えて、ローカル ストレージへの RDSH と VDI の配信を可能にし、自動的なイメージ最適化が行えるようになりました。
さらに、管理ポータル (Web) での使い勝手を重視したことで、モバイルデバイス経由での効率的なサーバー管理が行えるようになりました。
*最新のバージョン: 18.3

30 日間 50 ユーザー ライセンスでトライアルを行なって頂くことも可能ですので、是非こちらからお申込みください。
https://www.parallels.com/jp/products/ras/download/choose-trial/

Parallels Remote Application Serverの画面・関連イメージを見る

Parallels Remote Application Server担当からのメッセージ

担当
日下部 徳彦
企業名
コーレル株式会社
担当領域
ジャパン マーケティング マーケティング部長

リモートワークや働き方改革、 BCP 対策を実践する上で、在宅時や移動時における社内リソースへのアクセスとアプリケーション利用の許可、そしてセキュリティ対策は非常に重要な課題です。
Parallels Remote Application Server (RAS) は、あらゆるデバイスへアプリケーションと仮想デスクトップをシンプル、シームレス、かつセキュアに配信し、高コスト効率も実現するサーバ インストールベースのアプリケーションです。
クライアント側は、各 OS 用の無償クライアント アプリをご利用頂けるだけでなく、HTML 5 対応の Webブラウザでプラグインのインストールをせずに各自のデスクトップとして利用できますので、慣れている OS のネイティブ操作で生産性を落とすことなく、どこからでも業務を継続することが可能です。

Parallels Remote Application Serverの企業情報

製品URL
https://www.parallels.com/jp/products/ras/remote-application-server/
企業名
コーレル株式会社
企業URL
https://www.corel.com/jp/