非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • 営業・販売・サービス職
  • ユーザー(利用者)
  • その他小売・卸売
  • 100-300人未満
比較的良い
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

色々な人の色々な情報を共有できるのでとても便利です。また、どの企業にどの資料を送信しているかなども保存できるので良い。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

企業情報を画面で入力した際、以前入力していたものを更新する必要があり、過去の履歴も確認できるようになるとより良い。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

企業毎の管理がとても楽。色々な人の情報も見ることができるので、自分のクライアントの他の企業への提案などにも役立った。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • sansan株式会社
  • デザイン・クリエイティブ職
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 300-1000人未満
世界的なビジネス効率化ツール
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

個人ではなく会社が持っている情報を共有できることが強み。わざわざ情報を持っている人を探しに行かなくて良い点でとても効率化された

改善してほしいポイントは何でしょうか?

使用方法が会社に合わせてカスタムできるが、複雑化されると逆に分かりづらくなってくる。
運用支援などに力を入れて欲しい

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

ビジネス情報の共有、社内コミュニケーションの円滑化が進んだと感じる。
ラインやメールでやりとりしていた時代を考えるとありえないと思う

その他の製品

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • その他一般職
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 300-1000人未満
一元管理ができ、なくてはならないツール
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

顧客情報や案件情報を一元管理できるので、営業のみならず、社内で利用している。
アカウントを持っている社員であれば、編集も簡単にでき、大変助かっている。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

PC版はデザインもよく見やすいが、スマホ版の画面が少し残念。
外出が多い社員もいるので、スマホの使い勝手が上がって欲しい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

社内間での情報共有の簡易化。一元管理ができるおかげで、顧客の情報や案件のステータスなどの情報共有が可能。

関 優大
  • クービック株式会社
  • 営業・販売・サービス職
  • ユーザー(利用者)
  • ソフトウェア・SI
  • 20人未満
リード状況が架電する前に把握でき、営業効率が改善された
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

リードソースが簡単に把握でき、架電までのアクションを起こす間に、どのような行動を行なっていたのかを把握できるため、営業の1st接触時が案件によって使い分けできるようになり、効率化できるようになっている。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

スマホアプリが使いづらい。また、メインデバイス以外だとアドオンされていないと使えない機能があるので、スマホでログを残す時にできないことがある。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

セールスとカスタマーサクセスチームの導入前後において、コンテキストが把握しやすく、営業とCS活動に連携感が持てるようになっている。

非公開ユーザー
非公開ユーザー
  • その他専門職
  • ユーザー(利用者)
  • 経営コンサルティング
  • 20-50人未満
顧客情報やステータス管理の一元化
この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

CRMとしては世界最大だけあり、UIはつかやすく、周辺ツールがかなり充実している(Chromeアドオン、メール支援ソフトなど)。
また、細かい条件を元にリスト化することが可能のため、営業支援システムとしてかなり使いやすい、

改善してほしいポイントは何でしょうか?

現状は不明だが、マニュアルが日本語しかないため、なれるために時間がかかった。また、サポートを機能を充実させてくれればいいよりいいと思う。それにより、こんなこともできるのか!と後になって知ることで、データベースの整備が必要など、後手に回ることがあったが、そういったことが避けられる。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

細かいカスタマイズが可能。例えば、営業シーンでは顧客の情報のみならず、顧客のステータスや次回アプローチのタイミングまで記載ができた。
(例: 株式会社A、確度B (契約とれそう)、次回アプローチ: 12月12日)。

また、これらをリスト化することも可能のため、すべての顧客に抜けもれなく適切なタイミングでアプローチができた。